チュイル・オ・ザマンド & プチフール・ドレッセ

香ばしいアーモンドの味が大好きなチュイル・オ・ザマンド。

そして、絞り出したクッキー生地が美しい曲線を描くプチフール・ドレッセ。

michoumamaのスイーツ教室の後半では
そんなかわいいお菓子の作り方を習いました。

こちらがその出来上がり♪


cookies


シンプルなお皿に並べただけなのに
こんなに華やか!

濃いめにいれたストレートの紅茶(イングリッシュ・ブレックファースト)と
一緒にいただきました。



cookies3



アーモンドたっぷりのチュイル・オ・ザマンドは
休ませた生地をていねいにうす~く丸く同じ大きさに広げるのがポイント。

そして、焼き上がったところを手早くトヨ型に入れて
熱いうちにくるりとカールさせるのも大きなポイント。

一連の作業を一人でやるときには、しっかり段取りをつけてから焼き始めないと、
うまくカールさせらずに丸い瓦せんべいができあがっちゃいそう (^^;)


cookies5


あと、チュイル・オ・ザマンドは湿気やすいそうで、
カールさせて冷めたらすぐに乾燥剤と一緒にラッピングしてしまうのが大事。

レッスンではシーラーを使って包装袋を密閉し(乾燥シート入り!)
かわいくラッピングする方法も教えてもらいました♪





次に教わったにはプチフール・ドレッセ3種。

前にmichoumamaのブログで何種類か見たとき、
その絞り出しの美しさにほれぼれしたクッキーです。

生地をどのくらいの固さというか、ゆるさに調整すればいいんだろう、
絞り方はどんな風にやるんだろうと、作る前から興味しんしん!

最初に絞り出したのはシェル型。


cookies_chigai


先生のお手本を見てから、しっかり真似をして絞り出してみたつもりだけど、
私のクッキー(左手前)は角の部分が全体的にギザギザになっていて
シェルの形もいまいち。 (^^;)

一方、先生の作ったクッキー(右奥)はすっきりシャープで
きれいなシェル型に絞り出されています。

実物を見ると、2つのクッキーの違いが一層わかるのですが、
同じ生地や道具を使っても、熟練した人が作るのと、
そうじゃない人が作るのとでは、こんなに差が出てしまうんだな~と実感。

上達するには、ひたすら練習あるのみですね。



cookies3


あと、面白かったのは、チョコレートを使ったクッキーのデコ!
テンパリングしなくてもいいチョコを使ってあるので
うちでも気楽にできそうです♪

写真ではちょっと見えにくいですが、
チョコの上には小さく刻んだ緑鮮やかなピスタチオが飾ってあります。

ほんの少し、こうして手間をかけてデコすることで
よりエレガントなクッキーになっていくんですねぇ~♪





では、最後にもう一度、すべての焼き菓子の写真を!

ロールケーキは食べちゃったけど、クッキーは少し残してます。
よかったらお茶しに来ませんか?!


cookies





にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  応援クリックおねがいします!





一目惚れしたmichoumamaの美しい絞り出しクッキーの写真はこちららから♪

前の記事にもらったコメントへのお返事は前の記事コメント欄に書かせていただきました。
よかったら見ていってください! 
ミニトマトとピーマンの収穫数をあてるクイズに当選したお二人(モニちゃん&かおりちゃん)、
賞品はこの週末に発送しようと思ってますので、待っててくださいねっ♪


2009-07-15 (Wed)  |  my sweets  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

はじめてのロールケーキ♪ ( ノワ・カフェ )

michoumamaのスイーツ教室(3回目)で作ったカフェ・ノワ。
はじめて作るロールケーキです!

リッチな共立ての生地に粉にしたクルミが入っていて、
焼き上がりがとてもきめ細かでしっとり♪


rollecake


焼き面を外側にした外巻きは
きれいに仕上げるのが難しいと聞いたことがあるので、ドキドキ ...
(はじめて巻き寿司を巻いた時のような気分!)

生地にクリームをぬって、キャラメリゼしたクルミをのせて
巻く準備がすっかりできたものの、うまく巻けなかったらどうしよう~と、ビビル私。 (^^;)

「このあたりをねらって一気に巻けば大丈夫」という
michoumamaの言葉に励まされ、ようやく思いきって「えいやっ!」。

すると、魔法でもかけられたみたいに手がスムーズに動いて、
気がついたら、こんなにきれいに巻けました♪



rollecake3



品よくラッピングさせてもらったケーキを家に持ち帰ると、
私の帰り(というか、おいしいケーキの帰り)を待っていた夫が
いそいそと玄関までお出迎え!

彼は普段コーヒーを飲まない人なので、コーヒー味の
バタークリームがうけるかどうかちょっとハテナでしたが、
早速カットしていただくことに!



rollecake2



そして、ケーキを一切れ口に運んだ瞬間、2人ともニンマリ~♪

カフェの濃縮液をミックスした薫り高いフレッシュバター・クリームのほろ苦さに
キャラメリゼしたクルミの甘さが絶妙にマッチして!

それもそのはず!

クルミは手間ひまをかけて中までしっかりキャラメリゼしてあって、
できあがりはもちろん、ロールケーキに巻き込んで数日たっても香ばしく、
サクサク、カリカリ♪


あと、驚いたのは、ふわふわに仕上がったバタークリームの
後味がとても軽やかだったこと♪

これまで、バタークリームは「重い」というイメージを持っていたけれど、
この日、習ったクリームは全く別物というか、これまでに食べたことのある
バタークリームとは比べものにならないおいしさでした。


またしても、michoumamaのスイーツのおいしさに感動しきりのchocolata夫婦。
次回のレッスンが楽しみで仕方ありません。





この日のレッスンはダブルヘッダーで、ランチをはさんで
さらに2種類のスイーツを教えてもらいました。
その写真は次の記事で紹介したいと思ってますので
よかったら、また見にきてくださいね~。




にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  応援クリックおねがいします!

2009-07-12 (Sun)  |  my sweets  |  トラックバック(0)  |  コメント(17)

バナナ・ケーキの評判

成田空港から電車を乗り継いで帰宅したばかりの夫は
梅雨時の日本の蒸し暑さにちょっと参ってましたが、
シャワーを浴びてすっきりしたら食欲が出てきた模様。

中華冷麺のランチをうれしそうに食べ終えた彼に
昨日、焼いておいたパウンドケーキを見せて、
「何のケーキだと思う?」と聞いたら、正解が返ってきてビックリ!

私の嗅覚はすっかり麻痺してましたが、
どうやらバナナの甘い香りがダイニング中に漂っていたようで。 (^^;)



banana_cake2



熟れたバナナが3本も入ったこのバナナ・ケーキ。
かなりバナナ・バナナしたお味です。

でも、不思議としつこさはなくて、どこか昔なつかしいお味に仕上がってました。
nofuriruさんがコメントに書いてくださってましたが、
どこか「もの懐かし」くて、「優しい味」に。


バナナは熟す前に生で食べるのが好きな彼に、
この熟れ熟れバナナのパウンドケーキはどうかな~と思ってましたが、
「バナナの甘さがいい感じ」だと言って喜んでくれました ♪

「くるみがいいアクセントになってる」とも。


あ~、よかった!





にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  応援クリックおねがいします!





前の記事にコメントをくださった方へのお返事は、
Read Moreにて。



2009-07-06 (Mon)  |  my sweets  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

バナナケーキ

熟れすぎバナナを救済したくて作ったバナナケーキ。 

パウンドケーキの真ん中に割れ目がうまくできなかったけど、
いい焼き色に仕上がったから満足!

好きなウォールナッツがたっぷりのっかってるしね。


banana_cake


パウンドケーキ型を使うのは久々。

今回使った型は実家に長いこと眠っていたもの。
たしか高校生の頃にケーキ作りに目覚め、自己流で焼くようになった時に
母が買ってくれたもの。

10数回この型を使ったことがあると思うけど、
大学生になってケーキ作りよりも興味のあることができてからというものお蔵入りに。



banana_cake1


そんなことを思い出しながら型にオーブンペーパーをしいていると
ずいぶん昔になってしまった10代後半から20代前半の思い出がよみがえってきた。


このパウンドケーキは夕べできあがったけど、まだカットしていない。
1晩おいてからのほうがおいしくなるから。

それにしても、日曜の朝にこうして手作りケーキを眺めてられるのは
幸せなことだなと思う。


あと数時間すると、旦那が3週間の遠出から帰ってくる。
熟れたバナナを生で食べるのは苦手な彼。
はてさてこのケーキを食べて何というか?!

味見の結果はまた後日。




にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  応援クリックおねがいします!






2009-07-05 (Sun)  |  my sweets  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

ジェノワーズを

ちょっと練習。


12_cake_piece


デコに使ったのは小粒のイチゴでしたが
直径12センチの小さい型で焼いたスポンジケーキにのせたから
でかイチゴみたいに見えますね ♪


ジェノワーズ生地は michoumamaのレッスンで作った時のように
口の中でふわふわシュワシュワとけていくような食感を再現できて、万歳!

(ジェノワーズは奥の深い生地だから、もっともっと修行しないといけないけどね^^)



12_cake


この日の問題はクリーム・シャンティ!

近所のお店を2軒回ったけど、
生クリーム1種類とホイップクリームしか売ってなくて
濃度がいまいち足りない生クリームを使うことに。

ナッペで苦労したので、カットする前にケーキを冷蔵庫でしばらく冷やしたところ、
少しクリームが落ち着いたけど、カットした断面もビューティフルとは言い難い

お師匠さんに見せるには忍びないデコになってしまったけど、
レシピがいいからお味は最高でした!

ふわっふわっのスポンジケーキに優しい甘さのクリーム、
真っ赤なイチゴという取り合わせは永遠の my favorite だし♪


12_cake2


見栄えがいまいちのケーキを「どうぞ」と差し上げるのは心苦しいので、
このケーキの責任は一人でとろうと思ってます (^^;)
頼りになるはずの旦那が出張中だから。


それにしても、真夜中にケーキを冷蔵庫から取り出し、カットしては写真をとりまくり、
最後にケーキをほおばりながらニタ~ッと笑ってる人って
ブロガー以外にはあんまりいないかも

michoumama 、こんな生徒だけどこれからもよろしくお願いします!




にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  応援クリックおねがいします!





前の記事にくださったコメントへのお返事は
'Read More' で。
  ↓


2009-06-17 (Wed)  |  my sweets  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)
PREV  | HOME |  NEXT