スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--)  |  スポンサー広告

アボカドを買ったら

こんなスティッカーがおまけについてきました。


avocado



「オイ エスタス ムイ グワッパ!」

人によって日本語への訳もかわってくると思うけど、

   ・標準語なら、「今日、君はとても魅力的だ!」
   ・関西の兄ちゃん風に訳すなら、「(ねえちゃん) 今日、いけてるやんけ!」
   ・もとの語順を無視して訳すと、「むっちゃ、いけてるなぁ、今日!」

なんて感じかな。


アボカドにこんな声をかけられても仕方ないけど、ラテン系の男性は女性を見ると
とりあえず「褒め言葉」をかけておこうって気になる人が多いような・・


avocado2



これは、スペイン語でピロポ(piropo)と呼ばれるもので、辞書の日本語訳をみると、
女性に対する「褒め言葉」「お世辞」「冷やかし」とあります。男性が街角でいい女
を見て褒め言葉をかけるのもピロポだし、好きな女性に「mi princesa(僕のお姫様)
とか、「mi cielo(僕の大空)」、「mi corazón(僕のハートちゃん)」と声をかけ
るのもピロポの一種。

ピロポの語源をたどっていくと、

   ギリシャ語の 'pur'(火)+ 'oops'(目)= pyropos(炎に似た)

となって、「輝くもののシンボル」の意。それが、のちに美女へのお世辞のたとえと
なったそうです。ピロポは、女性の存在そのものに対する詩的な賛美も含んでいて、
気合いの入ったものになるとこんなものも。

  「できることなら君の涙になりたい。
   君の目の中で生まれ、君の頬をつたい、君の唇の中で消えてしまいたい。」

このピロポ、'ojos' (目)と 'labios'(唇)という語が韻を踏んでてちょっとしゃれて
ます。こういう韻まで踏んだピロポはラテン系の女性の受けがいいとか。
日本で生まれ育った人の場合、こんなピロポをまじで言われたら返す言葉がなくなっ
てしまいそうだけど (^^;)


avocado1


賛辞(やお世辞)のピロポを山ほどかけられて育つラテン女性は、自分は美しいという
意識をもって大きくなっていくので、(たとえそれがかん違いだったとしても!)自分
の美しさに自信があって、女っぷりを磨くことに情熱を人一倍持っているように感じます。

えっ、うちの旦那のピロポはどうかって?!

マドリードで育ったラテン系ですけど、大学からアメリカへ、就職してからヨーロッパ
なので、ピロポ文化は身につけずに大きくなったみたい。たま~にピロポることもあり
ますが、そんな時はやっぱりお尻がこそばくなります。

【More・・・】

写真のサンドイッチは私のランチ。

右のは全粒粉を少し入れて焼いたパンに、アボカド、レモンジュース、つぶしたガー
リックを入れてまぜたものとトマトをトッピング。左のサンドイッチには、ノン・シュ
ガーのピーナッツバターを塗ってハチミツをかけました。どっちもおいしかった~!
キッチンの棚や冷蔵庫に残ってるものを次々と消費するのも引越準備のひとつ!


にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ ← ポチッと応援おねがいします! 


P.S.

お土産に持っていった「黒胡麻のプランタン」、好評でした!
「胡麻の入ったものはデザートじゃない」という先入観が強いうちの旦那は、フルーツ
サラダしか食べませんでしたが、若くて思考が柔軟な学生さんたちはおいしそうにパク
パク。寒天のつるつるっとした感じを面白がってました。
ぱにぽぽちゃん、今回もいいレシピをありがとう!

      
    よかったら、何かコメントを残していってくださいね。
    皆さんからのコメントが私の元気の素です!初めての方もどうかお気軽に。

                                  ↓
2009-03-16 (Mon)  |  my dishes  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

「オイ エスタス ムイ グワッパ!」

アボカド君に誉められても嬉しいお年頃です(爆)。

やっぱり誉め言葉っていいですね。流行らせましょう、全国に。

「オイ エスタス ムイ グワッパ!」
明日香 |  2009.03.17(火) 06:14 | URL |  【編集】

ほんとにピロポってすごいですね!
こんな賛辞に囲まれて育ったら、やはり日本にいる女の子とは違った感性の女性に育つでしょう。
でも「レディ」ってそういうものなのかもしれませね。
誉められることはどんな人でも心地よいですもの。
その言葉の延長線上にとどまろうとする努力。
それって大切かもしれませんね。
inunome-nekonome |  2009.03.17(火) 17:41 | URL |  【編集】

ピロポられた~い!
だってさ、絶対女心をくすぐられながら育ったほうが美意識も高まるはずだもの。
自分が女であることに誇りを持てるだろうし、
さらに磨きたいとも思うだろうし。
私、若いころにつきあってた人が、日本人には珍しくものすごく褒めてくれる人だったの。
会うたびにかわいいとかきれいだとか、こんな人と並んで歩けて幸せだとか(ぷっ!)、そりゃあ賛辞の言葉を浴びせてくれたのよ(笑)
私はその言葉をもらうたびにどんどんきれいになれたと思うんだ~。
ほら、人間って思い込みがすごく大事でしょ?
今は何も言ってくれない夫の隣で、
メタボなおばちゃん化するばかりよ(泣)
バブ |  2009.03.18(水) 08:45 | URL |  【編集】

いいなぁ、ラテンの男!!
やっぱり女性はそういうことで美の意識が
高まるンダよねぇ~。
私はラテン男子の反対タイプ。
よく男の人に、同じ言葉をかけてる。
ただの「ヨイショ」おばちゃん
だと思われてるんだけどねー(笑)
モニ |  2009.03.18(水) 16:26 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.03.18(水) 22:15 |  |  【編集】

ピロポ、うちの夫も結婚して1年ぐらいは熱心だったけれど、今は全然なし!
まるで、掌を返したようなこの違いは何!?って感じ^-^;
全然ラテンの血はない!って、日本人男性みたいな感じになって来たよ。
なぜ?って今聞いてみたら、無視してTV見ているよ~^m^

おいしそうなサンドウィッチだね。
今日は私も久しぶりのアボカドを食べたの。
こちらでは高いし、なかなか見つけないから貴重品☆
おいしかった~!
学生さんたちにも喜ばれてよかった^-^
panipopo |  2009.03.18(水) 22:53 | URL |  【編集】

オーストラリア人の男性は駄目。
全然駄目。
かえって日本人の男性の方が褒めるかも。
こちらの女性もピロポなんかに慣れてないから、ラテン系の男性に褒められるとびっくりするよ。

大昔にマドリッドの街を歩いていると向こうからやってきた男性にやたら褒められて(近くに寄ってきて頬を触られた)驚愕した覚えがあるよ。
一生の思い出さ。爆
かおり |  2009.03.19(木) 06:01 | URL |  【編集】

色付きの文字v-238
結婚14年目、いまだにスペイン人のダンナは必ず毎日ピロポをいいま~す。

サンドイッチって、食べても食べても お腹がいっぱいにならないんですけど。。。
う~ん、おいしそうなサンドイッチですね*
食べた~い (^0^)***
ダンナはバンビ*** |  2009.03.20(金) 06:48 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2017.04.18(火) 14:14 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://foodiescafe.blog77.fc2.com/tb.php/92-fbef2e81

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。