スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--)  |  スポンサー広告

カステラの「うんちく」

昨日アップした記事で、みごとカステラを作ったスペイン人の友だち(Aちゃん)の話を昨日書きました。その記事を読んで残してくださったコメントがきっかけとなって、今日の記事を書いています^^

コメントにも書いてくださったとおり、カステラの原型とされるお菓子はポルトガルから日本にもたらされたという話をよく耳にしますが、実際のところ、どんなお菓子がカステラのルーツなんでしょうか? 
また、原型となったとされるお菓子は、今も存在しているのでしょうか?

今日は、そんな疑問への答を見つけられたらと思っています^^


kasutera6


実は、おととし、カステラのルーツについてちょっと調べる機会がありました。マドリード出身の夫と一緒に日本を訪ね、デパートで長崎カステラを買ったときのことです。

カステラの入っていた箱にポルトガル人っぽい絵が描かれているのを目ざとく見つけた夫は、カステラの由来がポルトガル語で簡単に書いてあるのを読んで、「これ、本当?」って聞いてきました。カステラの箱の中には、由来を日本語で書いた紙も入っていたので、英語に翻訳して説明したところ、あとでもっと調べてみようという話になりました。

 [日本のことを聞かれて、ちゃーんと答えられないとあせってしまう私・・^^; ]

早速、カステラのルーツを少し調べてみたところ、カステラの由来にはいくつか説があって、ポルトガルの伝統菓子が原型だとする説のほか、スペインに古くからあるお菓子を原型とする説もあることがわかりました。

いろいろ読んでるうちに、とても面白いな~と思ったので、今日はその内容を手短かにまとめてみたいと思います。まずは、「カステラ」の名前の由来についてお話して、そのあと、原型となったされるお菓子について書きますね。よかったら、しばらくおつきあいくだい^^


kasutera_2


名前の由来

一番よく知られている由来は、スペインの「カスティーリャ王国」(スペイン語:Castilla)のポルトガル語発音にあたる「カステーラ」(ポルトガル語: Castela)」を語源とするという説です。

この他にも、2つほど面白い説を読みました。一つは、カステラ製造のプロセスでメレンゲを作るとき、菓子職人が「お城 (スペイン語:castero=カステロ) のように高くなれ !」と言いながらメレンゲを高く盛り上げたことから、「カステロ」=「カステラ」となったという説。

もう一つは、日本にやってきたポルトガル人がおいしそうに食べているお菓子を見た日本人が、菓子ののっていたお皿を指さしながら、「それは何ですか?」とたずねた時におきた誤解がもとになったという説です。質問をされたポルトガル人がお皿を見た時には、すでに菓子を食べ終わってしまっていて、彼の目に入ったのはお皿に描かれたお城(カステロ)でした。そこで「これはカステロ(城)です」と答えたところ、質問した日本人はそれが菓子の名前だと勘違いしたとか!話の真偽は別にして、なんだかありそうな話で面白いですよね。

どの説が本当の語源だとしても、名前の由来の説を3つとも覚えておくと、話題が豊富になって楽しいかも^^


kazutera400


カステラの原型となったお菓子は、な~に?

さて、お次は、カステラの原型となったのは、どこの国のどんなお菓子だったかという話を。

カステラの原型となった菓子は、16世紀(室町時代末期)にポルトガルから日本にもたらされ、その当時、「家主貞良」や「加須底羅」といった漢字が使われて、「かすていら」とよばれていたそうです。

伝来の時期に関しては、おおかたの意見が一致しているようですが、原型となったお菓子が何かという話になると、いくつか説があって、意見は一致していません。比較的よく知られている説は、次の2つみたいです。

(1)ポルトガルの伝統菓子「パォン・デ・ロー」(ポルトガル語: pao de lo)

私はまだ食べたことがないので、ポルトガル人の友だちからの話をもとに書くことになりますが、作り方がカステラとよく似ています。ポルトガルでは中世の修道院で復活祭を迎える際に守護聖人へのお供えものとして焼かれるようになり、現在もポルトガル各地でいろんなタイプのものが焼かれています。焼き方もさまざまで、しっかりパサパサになるまで焼き上げるものもあれば、中がトロリとした半生の状態で仕上げるものなど、バリエーションがあるそうです。パォン・デ・ローの写真が見られるサイトを下にリンクしておきます。

   ・中がトロリとしたパォン・デ・ロー


(2)スペインの「ビスコーチョ」(スペイン語:bizcocho)

もうひとつの説は、スペインの「ビスコーチョ」と呼ばれるお菓子で、元は乾パン状だったらしく、船乗りの保存食として大航海に重宝されたそうです。16世紀末頃から柔らかくスポンジケーキのように焼き上げるレシピもでき、現在ではいろんなビスコーチョが作られています。

   ・平たいビスコーチョ
   ・携帯食といった感じのビスコーチョ




はてさて、どちらのお菓子が「カステラ」の原型なんでしょう?!

南蛮菓子の原型を求めてポルトガルで調査された研究者(荒尾美代さん)は、スペインの「ビスコーチョ」に軍配をあげています。もし、それが本当だとしたら、カステラのルーツはスペインで、運んできたのがポルトガル人ということになりますが!

下のリンクで荒尾さんが書かれた「南蛮菓子と砂糖の関係」についての記事を読むことができます。ポルトガルで撮影された「パォン・デ・ロー」と「ビスコーチョ」の写真も掲載されていますので、よかったらどうぞ。

   ・南蛮菓子と砂糖の関係

いずれが原型であったとしても、室町時代後期頃に日本にもたらされたとされる西洋のお菓子が、その後、日本人の口にあうように改良され、現在のようなカステラへと発展していったという事実は興味深いなと思います。

初めてカステラを作った時に書いた記事でもふれましたが、カステラのルーツの話をスペイン人やポルトガル人にすると、日本に親しみを感じてもらえ、カステラを食べながら話がもりあがります。Aちゃんの他にも、フラメンコ教室の先生や受付の人たちにも食べてもらう機会がありましたが、しっとり上品なカステラの味を気にいってもらえたようでした。

「パォン・デ・ロー」と「ビスコーチョ」を食べる機会ができたら、食感や味をカステラと比較してみたいなと思っています!



~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*

↓ 2つのブログランキングに参加しているので、よかったら下のバナーを1つずつ
  クリックして応援してください! クリックしてもらうとブログの順位が
  アップして、次のブログを書く励みになります^^

   ↓       ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

P.S.

カステラを気に入った夫は、4日ほど続けておやつに食べてましたが、5日目あたりになって、「しばらくカステラは食べたくない」と。 そりゃ、そーでしょ。一人でカステラを1本半も食べたんだから (^^;)  食べたカステラは「五三焼き」でしたので、普通のカステラよりも卵黄の割合が多く(卵黄5:卵白3で焼いたもの)、かなり濃厚。それもあきてしまった理由の1つかもしれません。リッチな五三焼きもおいしかったですが、私はどちらかというと、普通のカステラのほうが好きかも。

ザラメが手に入ったら、カステラ型の底にザラメをしいてプレーンなものを作ってみたいと思ってます。ザラメを敷いて焼く場合、特に何か気をつけたほうがいいことがあるのかな?

      
      よかったら、何かコメントを残していってくださいね。
      皆さんからのコメントが私の元気の素です!
      初めての方もどうかお気軽に。
      コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方にはそちらに伺って、
      お持ちでない方にはこちらでさせていただます。 
                                ↓
2009-01-30 (Fri)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.01.30(金) 11:02 |  |  【編集】

No title

面白いっ。ついじっくり読んでしまった!!
カステロ説がなんか好きだなー。
しかし、一つのお菓子にこれだけ諸説色々あるんだから
ある意味、ドラマティックだよねぇ。

日本では織田信長が初めて食べた人とか言われて
るし、室町時代にもう日本に来ていたなんて
当時の日本人は、びっくりしただろうね。

そういえば日本の「ちょうちょ」って童謡も
元はスペインの曲だった!!「チョウチョ」って
そっちでも言うの?私これだけは
スペイン語で歌えるんだよん
モニ |  2009.01.30(金) 13:02 | URL |  【編集】

No title


私は三番目の説が気に入ってしまいました♪(о ̄∇ ̄)/
たぶん違うでしょうが、それをおしておきます。
だって・・・・皿をみてって!!笑
でもそうかもしれないですよね~~(@Д@; 
しかし、それがスペインに由来してたなんてビックリです☆
カステロからだったのか~~!!

え??笑
旦那様。1本半も??
大丈夫ですか??でも美味しいんですよね~~(*´ェ`*)わかるな~~
りいこ |  2009.01.30(金) 19:06 | URL |  【編集】

No title

ビスコーチョってビスコッティみたいなものなのかな?
どちらも保存食という点では同じだし、名前も似ているものね。
パォン・デ・ロー、食べてみたい!きっとこれがカステラの原型のような気がするけれど。。。
由来はこれまたいろいろとあるのね。
私はてっきりとポルトガルのお菓子だと思ってた!

応援も☆★
panipopo |  2009.01.30(金) 22:04 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2009.01.30(金) 22:06 |  |  【編集】

No title

カステラのお話、じっくり読ませていただいたよ~。
カステラって、「南蛮渡来のかすていら」ってイメージ。(笑)
おいしいよね~。子どもの頃から大好き。
で、最近は、もっぱらmichoumamaのレシピで作ってます。
ついつい食べすぎちゃう!!
でも、ご主人の1本半には負けた・・・
しょこら |  2009.01.31(土) 08:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://foodiescafe.blog77.fc2.com/tb.php/66-75491966

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。