スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--)  |  スポンサー広告

もう少し、アルハンブラの思い出♪

alhambra_mizu


ギター独奏曲、『アルハンブラの思い出』(Recuerdos de la Alhambra)。

難易度の高い演奏テクニックを要する、トレモロ奏法を使ったこの曲。
好きな人も多いと思う。私は高校時代にクラシックギターを習う機会があって
誰かがこの曲を弾いているのを初めて聞いた瞬間、心を奪われた。

作曲者はフランシスコ・ターレガ 。

19世紀半ばにスペインのバレンシア州で生まれ、マドリッド音楽院で作曲と
クラシックギターを学んだ彼は、高度なギター演奏テクニックと画期的な
弾弦法を用いた作品を次々と発表した。ターレガは、20世紀のクラシック
ギターを基礎付け、独奏楽器としてのギターに対する関心を高めていくことに
大きな貢献を果たした作曲家、ギタリストとして名高い。


al_gene_fountain


『アルハンブラの思い出』は、ターレガがアルハンブラ宮殿を訪れたときに
見た噴水をイメージして作った曲といわれる。

低音部の弦が奏でるゆったりとした、ちょっと切なくなるようなメロディ。
そして、高音部の弦が織りなす繊細なトレモロのあの旋律は、噴水から
優しく流れる水の音を感じさせてくれる。

この曲を聴くたびに、私はそっと目をとじて、まだ見たことがないアル
ハンブラ宮殿をなんども想像した。「いつか訪ねてみたい」と念じながら。
まさか、将来自分がスペインに住む機会があるなんて考えもせず。


al_lion



去年の秋、アルハンブラを訪れるチャンスに恵まれた時は本当にうれしかった。
今月、このブログで7回にわたってアルハンブラ旅行の思い出をつづりながら
BGMで何度も聴いたのはこの曲だった。もちろん、グラナダ滞在中も愛用の
MACのiTUNEで何度も聴いた。アルハンブラの噴水の水音に耳をすませては
この曲のメロディが口をついて出てきた。

今日、この記事を書こうと思ったのは、有名なギター奏者によるこの曲の
演奏をYouTubeで簡単に聴けることがわかったから。

実際にいくつか聴いてみると、同じ曲でも弾き手によって演奏スピードが
ずいぶん違ったり、感情移入のしかたも違ったりして、いろんな演奏を楽しむ
ことができる。自分の好きな演奏の『アルハンブラの想い出』を探してみるのも
面白い。

奏者によって使っているギターの弦の数が違ったりもして、よ~く聴き比べて
みると響きの違いに気づいたりもする。


al_funsui


私が気に入っている2人のギタリストの演奏が聴けるサイトはこちら↓

ひとつは有名な日本人ギタリスト・村治香織による、ゆったりとした速さの演奏。

   『アルハンブラの思い出』 by 村治佳織

もうひとつは、この曲を奏でさせるなら「この人」と言わしめさせた、スペインの
天才ギタリスト、ナルシソ・イエペス (Narciso Yepes) による演奏。
私はどちらも大好き。

   『アルハンブラの思い出』 by Narcico Yepes

ENJOY!


~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*

↓ 2つのブログランキングに参加しているので、よかったら下のバナーを1つずつ
  クリックして応援してください! クリックしてもらうとブログの順位が
  アップして、次のブログを書く励みになります^^

   ↓       ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


<あとがき その1>

イエペスは、映画『禁じられた遊び』の音楽の編曲・構成、演奏をギター1本だけで
行なって、その映画が公開されると、メインテーマ曲「愛のロマンス」が大ヒット
したことでよく知られています。そういえば私も、「愛のロマンス」をよく練習し
ました^^

イエペスは10弦ギターを考案し、世界に普及した功績でも知られる天才ギター奏者
ですが、晩年、病魔に冒され、ドクターストップをかけられても、最後の最後まで
舞台に上がって10弦ギターで演奏をし続けました。そんな彼の信念は、
「芸術は神のほほえみである」。

アルハンブラに残るイスラム建築芸術もまた、「神のほほえみ」にあふれるものだっ
たと、あの日、自分の目で見て感じたアルハンブラを思い出しているところです。


<あとがき その2>

パニポポさん、なーさん、モニちゃん、エミリオさん、かおりさん、りいこちゃん、
すったもんだの末に何とか完成させた「いちごミルクのムース・ケーキ」の記事に
あったかいコメントをありがとう!
また、がんばろう~って、元気りんりんになりました^^
そっと、応援クリックしてくださった方も、本当にありがとう!
      
      よかったら、何かコメントを残していってくださいね。
      皆さんからのコメントが私の元気の素です!
      初めての方もどうかお気軽に。
      コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方にはそちらに伺って、
      お持ちでない方にはこちらでさせていただます 
                                ↓
2009-01-23 (Fri)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

No title

共通点みっけ。実は私もクラシックギター
を習っていましたー。んでね、先生が
フラメンコギターに魅せられてしまったから
「ナルシソ・イエペス 」は私も大好きなの。
当然、アルハンブラの写真をここで
見たときに頭の中に流れたのは、彼のギターよん。
モニ |  2009.01.23(金) 16:23 | URL |  【編集】

No title

綺麗な庭園!
海外も特にヨーロッパの庭造りって絵画のようだよね
日本ではあまり見かけない美しさだと思うわ~

最後の
「芸術は神のほほえみである」。
とても素敵な言葉だね~
深く感じ入りました!
ほ助 |  2009.01.23(金) 16:46 | URL |  【編集】

No title

私がアルハンブラに行ったのはもう十年以上前になります。
オランダ人の友達と車でロンダ、コルドバ、グレナダ、トレード、マドリッドを廻りました。グレナダはちょっと混雑していてリラックスできる街ではなかったけれど、あの丘の上の宮殿だけは静かな時間が流れていますね。

村寺香織さんのアルハンブラの思い出持っていますよ。
あとジョン・ウィリアムスのもね。

ショコラタさんのご主人はスペイン人なんですか?
かおり |  2009.01.24(土) 06:12 | URL |  【編集】

かおりさんへ

お話した、ジョン・ウィリアムスのビデオへのリンクです。
よかったらどうぞ!

http://www.youtube.com/watch?v=0-2URQotK08&feature=related

chocolata* (チョコラータ*)より^^
chocolata* |  2009.01.25(日) 00:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://foodiescafe.blog77.fc2.com/tb.php/56-277db961

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。