スイセンとモンブラン・タルト

島国、ブリテン。

こちらは、今日もグレイの空が広がってます。


daf1



日照が少ないと、家の中もな~んとなく暗い感じになりがちだから、
元気カラーのダフォディルズ(スイセン)を窓辺に飾ってみました♪

近所のスーパーで売ってたこのスイセン。
一束2ポンドでした。円高のおかげで 300円もしないんですよね。



daf2



露地物のスイセンが咲くのはまだ先だから、これは温室栽培ものだと思いますが、
黄色のスイセンはブリテンに春を告げる花!

ごらんのとおり、我が家の窓辺が明るくなりました♪



かなりピントがずれた写真↓ですみませんが、
これは、引越直前に東京で作ったモンブラン・タルトです。

michoumamaのお教室で作って持ち帰らせてもらったタルト生地と、
うちで秋に仕込んで冷凍しておいた栗のペーストをふんだんに使っています。



tart_kuri3



この日をのがすと、引越までにスイーツを作る時間がとれそうになかったので
ちょっと早起きして、午後からの仕事に間に合うようにがんばりました。

あ~、でもね、急いで作るといいことなしで、
仕上げのマロンクリームの絞り出しがめっちゃくちゃ!

まるで、「盛りそば」みたいになっちゃった (^^;)


tart_kuri



前夜に作って冷蔵庫に入れていたマロンクリームが、どうもかたくなっていたようで。。。
絞り出す前に、ちょっとあたためたら、こんなに切れ切れにならなかったのかも。

ちょっと気がひける見た目だったけど、東京での仕事納めの日だったので、
職場の同僚に thanks の気持ちをこめて持って行きました。

我先にとタルトに手を伸ばしたのは、カナダ人とイギリス人(各1名)、日本人5名。
さくさくのタルトと甘さ控えめクリームが好評でした♪



tart_kuri2



先生に見てもらうには、ちょっとな~、って出来になっちゃったタルトですが、
生地をタルトリングにしきこむところとか、
リングの上にはみ出た生地をきれいにカットして仕上げるところとか、
復習しようと思ったところは、しっかりがんばってみたつもり♪

センセ~、努力のあと↑、見えますか?!

(18cmのタルトリングしかなかったので、タルト生地を薄めに伸ばすことになって
敷き込みの時に穴を開けないか、ちょっとドキドキしました!)



daf3



さくさくのタルト生地、アーモンド&アールグレイのフィリング、
甘さひかえめのクリームシャンテ、こくのあるマロンクリームが4層になったこのタルト、
わりと評判がよかったので、いつかまた作ってみたいと思います。

今度は、おしゃれに見えるマロンクリームの絞り出し方を練習してから!




にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  応援クリック、励みになっています。

  ありがとう!

2010-02-06 (Sat)  |  my sweets  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

ご・・・ごめんなさい、(爆!!)
今ね、ツボにはまってしまって・・・(^◇^)
思わず娘を呼び寄せて一緒に拝ませてもらいました。
もりそば・・・もりそば・・・
お腹がつりそうです・・・
はぁ、でもタルト生地、すっごく美味しそうに
きれいに焼けてますね~♪
michoumama |  2010.02.06(土) 18:27 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.02.06(土) 18:34 |  |  【編集】

michoumamaセンセ~ヘ

やっぱり、「爆」でしたかっ!
せっかく作ったタルトの写真をなかなかアップしなかったワケ、わかっちゃいましたね(笑)
お教室、破門されずにすんでよかった~♪
chocolata* |  2010.02.06(土) 19:18 | URL |  【編集】

いや~~。復習してるところがすごい!
で、とっても美味しそうだね!
さくさくの生地か~~~生地にこだわるmichoumamaならではだね。
chocolataちゃん、なんだか、海外にいる方が、のびのびしてますか?
スペインの時も、今も、なんだか生き生きしている感じがするよ。
段々と春が近づいて来ましたね。そんな英国を楽しんでね。☆また帰ってくるときは、桜が美しい季節だよね。
森の子 |  2010.02.06(土) 23:19 | URL |  【編集】

森の子ちゃんへ

大人になってから海外に出るとね、住んでる国の文化に同化しようと思う気持ちが低めというかね、自分は「外人」だって理解があるから、同化を考えないというか、どっかでのんきなのよね~。これが10代や20代だったり、もっと小さい時に海外に出ると、学校でもどこでも、そこの国の人のように振る舞ったり話したりして、土地の人と同じふうになりたい、外国人として見られたくないという願望が強くなりがちみたい。私の友だちで10代でアメリカに渡った人は、言葉(英語)がうまく話せなかった初めの頃、まずは行動をアメリカ人風にして埋め合わせするようになり、学校でも家でも足を机の上にあげて、そっくりかえって話すようになったとか! あとで日本に帰国してから、日本の常識になじむのに苦労したって話も聞いたよ。
話が長くなっちゃったけど、私の場合は同化の努力って選択肢をあっさり選ばなかったから、「境界人」みたいな個性というか、「何人です」って強く主張しないで生きるのが心地いい心境に落ち着いてるの♪ でも、日本にいるときのほうが、「日本人としてこうあるべき」みたいな規範を強く意識するように思うから、森の子ちゃんが書いてるみたいに、海外にいるほうがのんびりしてるのかもしれない(笑)
いま、仕事の分量が少ないのも、のんびりムードに貢献してるような気が (^^;)  ばれたか~!
chocolata* |  2010.02.07(日) 01:57 | URL |  【編集】

スイセンはブリテンで春の到来を告げる花だものね。長くて寒くて暗い冬の後のサンシャインや春の花を見るとうきうきしてくるんだよね。

盛りそばの下のタルトがきれいに焼きあがってる!笑

↑、日本にいた間はすごく忙しかったんだね。私としては最近chocolataちゃんの更新がもっと頻繁
になったことが嬉しいな。

私もその10代で海外にわたった人で、できるだけ同化したいという気持ちが強かったのを思い出したよ。もし今英語を話さない国に行けば、外国人であることが平気になるだろうと思う。

オーストラリアは中国系の移民が多いから、日本人がいても珍しがられないから居心地が良いよ。
かおり |  2010.02.07(日) 08:30 | URL |  【編集】

かおりちゃんへ

そうなの、そうなの、かおりちゃん。長くて暗くて寒い冬の(って、こっちに来てからまだ10日もたってないけどさ!)あとに見る、サンシャインや春の花の色って感動的! 2月中旬には野原にクロッカスが咲き始めるから、いまはそれが楽しみなの♪

そっか、10代だったんだね、海外に渡ったの。10代で海外生活を始めて見たり経験したりする外国のあれこれって、大人になって住む海外とは随分また違うんだろうなぁ。若い時に受けるの感動って、ある意味、大人のそれよりもずっと強いような気がするんだけど、どうだった?

ブリテンで私の住んでるところも、最近、中国系の増えてきて、夏の観光客でアジア系の顔してる人の半数以上は中国人みたいだし。夏に人通りの多い道を歩いていると、よく中国語で話しかけられるし、もちろん私は中国語なんてちんぷんかんぷんだから何を聞かれているのかわからないんだけど、英語で聞き返してみると、質問のたいていは「この近くに中国料理店はありまか?」なの(笑)中国人と日本人って、ぱっと見てお互いに自分の国の人かどうかわかりそうなんだけど、いきなり中国語で話しかけてきた彼らはお腹が減ってかなりデスパレートだったのか、あたしのどっかがよっぽど中国人っぽく見えたのか?!

オーストラリアは中国系移民が多くて居心地がいいということは、せーちゃんにとってもうれしいことだよね^^ 
よかった! 
chocolata* |  2010.02.07(日) 20:56 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2010.02.08(月) 03:00 |  |  【編集】

詩的な窓辺にうっとりしています。
水仙の黄色が映えてほんとうにきれいですね。
アンティークのピッチャーも素敵。

お菓子づくり、どんどんと腕をあげていらして。
いつも画面から甘い香りが漂って来ます。
↑のマカロン、おめでとうございました!
本当に美味しそうです!
chatnoirN |  2010.02.08(月) 20:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://foodiescafe.blog77.fc2.com/tb.php/166-fbef9581

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |