ビールのおつまみ

「暑い、あついっ!家にあるもので何か作って一杯やろうっ!」

旦那と意見が一致して、キッチンの棚と冷蔵庫の在庫をチェック。


  「お~、じゃがいもがたくさんある♪ オーブンでローストしよう!」 (イモ好きな旦那の声)
  「セージも一緒にローストする?ベランダに一杯はえてるよ!」 (合いの手を入れる妻)



potato1


こういう時は二人の息がぴったりあってるから
小さいキッチン・スペースに並んでやる作業も楽しい。

まずは、オーブンの天板にアルミホイルひいてオリーブオイルを塗り、
その上にセージの葉を30枚ほど敷いた。

やわらかい緑いろが目に美しく、思わず写真をパチリ♪


カットした皮付きのジャガイモにもオリーブオイルをうす~く塗って天板に並べ
おいしい塩をジャガイモにパラッパラ!


オーブンでローストすること20分、おいものいいにおいが!



potato5


オーブンの熱でセージの色はすっかり変わっちゃったけど、
パリパリになったセージの葉は香りがいいし、おいしいことを知ってるから、
気にしない、気にしない!


これまた冷蔵庫にあったブロッコリでピリ辛のサラダを作り、
半分残ってた大根とキュウリでサラダをもう一品。

オーブン料理をしている時は結構ゆとりがあるから、
ついでに旦那が大好きなゴボウできんぴらを作って、これも食卓へ。



potato4


きーんとよく冷えたヱビスの黒生で乾杯し、簡単手料理の出来映えに大満足!

ジャガイモがあつあつのうちに、「いっただきま~す」。
ローストしたてのおいもは外がパリっとしてて中はほっくり♪



potato3


旦那がベジタリアンだから、とりあえず並べた写真の料理は肉っけがないけど、
ノン・ベジタリアンの私は適当に好きなものを自分の分だけテーブルにならべて食べてます ^ ^

一応、旦那も必須アミノ酸がちゃーんと摂取できるよう
好きな豆類や雑穀などを一日のメニューにとりこむ工夫もしてるしね!





日本にどのくらいベジタリアンがいるのか知らないけれど、
ベジタリアンの外食って結構たいへんなんですよね~。

たとえばね、レストランで注文するとき、
「肉類と魚介類は食べないんですが、この料理は大丈夫ですか?」と確認するでしょ。
で、「大丈夫です」と言われて注文するわけだけど、
出てきた料理を食べてみると、ほんの少しお肉や魚が入っていたり (^^;)

お店の人に悪気はないんだろうけど、
ほんのちょっとでもお肉が入ってたらもう食べられないという
ベジタリアンのニーズを理解してもらうのが、結構大変なのが現実。

さらに、おだしに関しては、「カツオだし」=「ベジタリアンに不向き」という図式が
頭に入ってない店員さんが多いから、「昆布うどんなら大丈夫ですね」とすすめられ、
「それじゃ、それください」と注文した海外からのベジタリアンは
運ばれてきたうどんからプオ~ンと臭う鰹だしに "Oh, my god!!"


vegan label



うちの旦那は、乳製品をとるタイプのベジタリアンで、卵やチーズもOK。
日本人と結婚することに決めた日から、鰹だしには目をつぶるトレーニング(?!)ずみ。
野菜メニューがない店外食せざるをえない時には、貝類を食べる妥協もできるから、
まあまあ何とかうまくやってます。

でも、日本のスーパーで買い物をするときには、結構不自由している模様。
パッケージに「ヴィーガンOK」とか「ベジタリアンOK」の表示がされていないから。

スペインやブリテンでは、スーパーが顧客のことを考えて
自主的にこうした表示を徹底してやっていることが多い。

あいにく日本のスーパーじゃ、こういうマークのついた商品を見ることは少なくて、
内容物をチェックするには、小さい字でプリントされた表示をいちいちチェックしないと
いけないことが多い。日本語に不自由しない私でもいやになることがあるから、
外国人にとっては本当にたいへんなことだと思う。

そんな日本でベジタリアンが安心して食事ができるところといえば、
お寺の精進料理。
最近はマクロビのお店も増えてきて、ベジタリアンにとってはうれしいこと。

あと、意外と気づかないのが、野菜料理が豊富な居酒屋が結構あること。
ノン・ベジタリアンもベジタリアンも適当に好きなものを注文できる居酒屋は
我が夫婦にとっては好都合。

この週末、ノン・ベジタリアンの友人5人と居酒屋で一杯やる話が持ち上がったときも、
お店選びはうちが担当させてもらった。

「あれを注文して、それからアレも・・」と、夫婦そろって週末を楽しみな今日このごろ♪




にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  応援クリックおねがいします!





 前記事に残してもらったコメントへのお返事は、前記事のコメント欄に。
   よかったら見ていってくださいね~。
2009-07-23 (Thu)  |  my dishes  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

Comment

ふううん、ベジタリアンの人って、
日本ではタイヘンなんですねえ。
野菜だけ食べる・・・ってなんとなく思ってましたが、
そっか、お出汁も当然引っかかってきたりしますよね。
カツオのお出汁も動物性ですもんね。
チョコラータさんは何でも召し上がるんでしょう?
あ、逆にそれならあわせやすいのかな。
私にとっては未知の世界だけど、ちょっと興味あります。
本読んでみようかな^-^
nofuriru |  2009.07.23(木) 17:23 | URL |  【編集】

なんだか、ベジタリアンの料理習いたいかも??
すっごくおいしそうよ!
そして、セージってこんな風に使うといいのね。
お家でやってみようっと。

このおいもさんおいしそうなんだもの。
精進料理。そうかあ、家の近くも精進料理をだすお寺あるよ。
やっと少しずつ増えてきたよね。ベジタリアンフード。

以前イタリアの友人宅に行ったんだけど、なんか、プチベジタリアンらしく、毎日、トマトとインゲンばっかりだったのよね。それを思い出したなあ。
森の子 |  2009.07.23(木) 17:53 | URL |  【編集】

nofuriruさんへ

ブリテンに留学するまで、身近にほとんどベジタリアンがいなくて、
あちらで初めてベジタリアンを招いてディナーをした時は、何を
作ろうかと頭をかかえました (^^;)

ベジ友も増えて、野菜や穀物のいろんな料理方法を教えてもらったり、
日本にも昔からある素材を使ったおいしい料理のレシピ本を手に入れ
たりしているうちに、ベジ料理の幅が広がってきました♪
ベジタリアンの友だちが突然晩ご飯にやってきても平気になったし、
気がついたら、結婚相手がベジタリアンでした^^
chocolata* |  2009.07.23(木) 18:20 | URL |  【編集】

森の子ちゃんへ

うん、セージね、オイルやバターで火をいれてパリっとさせるとおいしいよ!
セージバターのソースもいろんな料理にあうよね~。

イタリアのお友だち、プチベジタリアンなのね。
でも、毎日、トマトとインゲンばかりじゃ、うちの旦那も根をあげそう~(笑)
うちは、もっといろいろ食べてるから、遊びに来てくれるときは安心してね^^

本日、私は仕事なしで、ランチにはホタテ丼を作りました。日本はホタテが安めでうれしいっ!
chocolata* |  2009.07.23(木) 18:28 | URL |  【編集】

うーん、昔ロンドンに住んでいた頃、ベジタリアンとジャパニーズレストランに行って苦労したよ。揚げ出し豆腐にも鰹節かかっているし、出汁にも鰹節入ってるし、野菜の天ぷらだってつゆに出汁が入ってるし、まいったよ。
かおり |  2009.07.23(木) 20:03 | URL |  【編集】

冷蔵庫の中のものを見つくろって夫婦でいろんなものを作って食べるって最高ね!
私はベジタリアンじゃないけれど、全然うちでは自分で肉を料理しないし、必然的にベジタリアンになっちゃう。。。
魚もあんまりCookしないし。貝類と小さなエビぐらい。
外ではちゃんと肉も食べるけれど、あんまり食べ過ぎるとアトピーが出るから、ほどほどにね。

日本ではべじたりあんMealが大変なんだね。
インド料理屋さんだと、ちゃんとVeaganフードがあるから便利だよね。
panipopo |  2009.07.23(木) 20:49 | URL |  【編集】

ベジタリアンでも色々な定義があるんだねー。
そう考えると、確かに日本は
まだまだその認識が低いかも!!
一種のファッションみたくなってるし。

日本だし和食も鰹だし多いから、
大変だねー
モニ |  2009.07.24(金) 15:02 | URL |  【編集】

ベジタリアン・・・徹底するには、日本は結構難しいところかもしれないね。

「ヴィーガンOK」とか「ベジタリアンOK」の表示なんて初めて見たよ!

日本はだし汁がね~鰹出汁は何にでも使ってるし・・・。

なんだろ? ・・・・う~~ん、思いつかない!!
日本人にはベジタリアンって、少ないのかな?
fran |  2009.07.25(土) 02:55 | URL |  【編集】

panipopoちゃんへ

パニちゃんとpaniヴァンさんのお家ごはん、なんだかうちと似てるね^^
なのに、パニちゃんたちは二人ともスリムで、うちはちょっとぽっちゃり(特に夫ね!)、
なんでなのっ!?
パニちゃんたちは運動が足りてるのよね~、きっと。
うちは一緒に運動することほとんどないもん (^^;) 見習わなきゃ!!

インディアンもちゃんとした店なら大丈夫だよね!メニューを考えてたら、
おいしいカレーが食べくなってきた! 
インディアンのお店に行きたいところだけど、今晩は友だちと居酒屋^^
隅田川の花火大会があるんだけど、すごい人出の花火はパスして、花火の始まる
時間に宴会スタートよっ(笑)
chocolata* |  2009.07.25(土) 11:26 | URL |  【編集】

かおりちゃんへ

そっか、かおりちゃんもロンドンで困ったんだ~。
ほんと、日本料理って何にでも「かつお」が使ってあるって再認識しちゃうよね、そういう時。

ブリテンに住んでたとき、ヴィーガンの教え子がうちでやったお寿司の巻き方教室に
やってきたときは、お味噌汁や突き出しを用意するのに気をつかったけれど、
そういう時に気を使つかうんじゃなくて、何かふだん考えないでおわっちゃってることを
考えて楽しみながら料理するチャンスだって思えるようになりたいな~って^^

あとね、私の親戚の家にうちの夫を連れて初めて泊まりにいったとき、何でも食べる族の
従姉夫婦は戸惑ってたけど、彼女たちの家庭菜園でとれた野菜のおいしさに感動して
パクパクうれしそうに食べる夫を見て喜んでました。でもね、野菜いために牛肉をいれ
ないでお客さんに出すのは申し訳ないと思ったらしく、最初にちょっとだけ牛肉いれて
焼いて肉のいい「だし」を野菜にうつし、それから肉を取り出してお皿に野菜を盛って
あげたほうがいいんじゃないかとか聞いてきたり(笑)
そうだよな~、ふだんベジタリアンに接してないとそういう質問も無理ないよな~って
思いました^^ 
chocolata* |  2009.07.25(土) 11:45 | URL |  【編集】

franちゃんへ

でしょ?!
「ヴィーガンOK」とか「ベジタリアンOK」の表示って日本じゃ見ないよね。
食品メーカーやスーパーがこういう表示をするようになってくれたらいいなって
思うんだけど。
ブリテンには昔から移民が多くて、インドからの移民が一番多いらしいから、
そうしたマイノリティの人種のニーズ(ベジタリアンが多い)にも気を配る
必要性を社会が意識してる結果、こういう食品表示も進んだのかな。

日本でも、食事に対するいろんなニーズが認識されてきてるから、
旅館の食事ややレストランでも、前もって相談すれば、ベジタリアン向けの
きちんとしたお料理を用意してくれるところが増えてるよね。

ある旅館で出てきたうちの旦那用の晩ご飯は、見た目も素材もほんとにすごくて
私もベジタリアン・バージョンのご飯を頼めばよかったって思ったくらい (^^;)
料理長が何日も前からいろいろ考えてくれたメニューだったから。
一人分だけ違う料理を用意するのは大変だったと思うけど、朝食にもしっかりと
気を配ってくれたこの旅館には感動しました。
ぜひ、また泊まりたいって思ってるの^^
chocolata* |  2009.07.25(土) 11:56 | URL |  【編集】

ベジタリアンって日本人では聞いたことがないの。  なんでも食べなさいって言われて育つからかなぁ?
カツオだしも香りから駄目だなんて今気づきました。  
 フランス人の友達にベジタリアンの人がいて一緒に居酒屋に行ったときはその食べられないものの多さに 私はびっくりしたの。
えーー これもだめなのぉ?!と。
 そういう環境に接し、 相手を理解するチャンスが持てたchocolata*さんは きっとお料理のセンスも知識も人一倍増えますね。

 michoumamaのレッスン素敵すぎ~!
あの絞りだしやシールのやりかた、ロールも美しすぎる!  うらやましいレッスンです!
な研 |  2009.07.25(土) 12:12 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.07.25(土) 14:09 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.07.25(土) 17:34 |  |  【編集】

こんにちわ~^^

始めまして!
コメントありがとうございました~^^

おいしそうなジャガイモに、朝からはらぺこです(笑
オーブン料理って、簡単かもしれないのですが
パン以外にはつかったことがない私^^;
セージとジャガイモで・・・っ
今度やってみますb^^

またあそびに来させてください^^
みなみ |  2009.07.26(日) 05:10 | URL |  【編集】

鍵コメさんお二人へ

遠くからコメントをくださったMさん。
元気が戻ってくるまで、ゆっくり過ごしてくださいね。

michoumama、お返事どうもありがとう!
これだけ暑いと、買い物に行く元気はないけど、
オンラインショッピングなら大丈夫だもんね^^
chocolata* |  2009.07.26(日) 16:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://foodiescafe.blog77.fc2.com/tb.php/130-034e0d47

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |