ベッカムよ、お前もか!

日曜の昨日(3月14日)、ネットで調べ物をしていたら、

「デービッド・ベッカム(34歳)アキレス腱断裂」

というニュースが目に飛び込んできてビックリ!


30歳代、40歳代に多いアキレス腱断裂だけど、ベッカムはふつ~にドリブルを
していて負傷したらしい。その瞬間、彼もどうやら「魔の断裂音」を聞いたらしく、
すぐに退場を申し出て、片足跳びでピッチを去ってベンチ前で倒れ込んだとか。

ベッカムの6月開幕のワールドカップ(W杯)出場は絶望的と報じるメディアの嵐の中、
彼はフィンランドの専門医のところで手術を受ける段取りをつけ、
すでに手術は無事に終わったとか。

主治医の Dr. Sakari Oravaいわく、

  "So far everything is fine."
  "The operation went smoothly and nicely."

でも、6月のワールドカップ出場は不可能だと断言。


* * * * * * * *


ベッカムが受ける治療やリハビリは世界最高レベルのものだと思うから、
どんなタイミングでどんな治療を受けるのか、同傷者としては興味のあるところだけど、
どんなに素晴らしい治療やリハビリを受けたとしても
サッカーへの完全復帰にはやはり1年かかるんじゃないかな。。


退場後、「(アキレス腱が)切れた、切れた」と話して、更衣室で涙を流していたというベッカム。


ニュースを読んだとき、思わず、私のアキレス腱にも痛みが走ったような気がしました。
お互いに、めげずに治療していこうね・・思わず声をかけたくなったchocolata*です。


ベッカムの療養生活のニュースがこれからも報道されていくと思いますが、
これを機に、アキレス腱断裂治療のスタンダード向上につながるような動きが出てきて、
庶民の患者レベルでも、よりよい治療が受けられるようになればいいなと願っています。


 英国のドクターよ、特に、あなた方にがんばってもらいたいっ!



P.S.
アキレス腱をけがした時の応急処置などについて、前記事にまとめています。
よかったら読んでみてくださいね~。





   応援クリック、励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ   ありがとう!


2010-03-16 (Tue)  |  英国  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)
 | HOME |