スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--)  |  スポンサー広告

アフタヌーン・ティー

うちに閉じこもって退屈している私のことを思ってくれた夫の同僚が
アフタヌーン・ティーに招いてくれました。

車で7分のところに住んでる彼の家には、素敵なコンサーバトリー(ガラス張りの空間)が
あって、日光浴もできちゃいます。ふたつ返事で「これからすぐ行きます!」とこたえ、
うちの階段を松葉杖ついて4階分駆け下りました。

(実際、おりるのに5分くらいかかりましたが。。笑)



scone



天気のいい日曜日。

奥さんが、私たちの到着時刻にあわせて焼いてくれたスコーンには、
いろんなドライベリーがたっぷり♪ 外側はカリッカリで私の好みにぴったり!
パクパクと2つもいただいてしまいました。

彼らは猫を4匹かっていて、テーブルのはしっこには猫たちのお昼寝用の
クッションが。うち3匹は、すぐに私のところにあいさつにきて、
松葉杖を興味深そうに眺めてました。



scone2



彼女のご主人と私はコーヒーを、彼女と私の夫は中国茶をスコーンと一緒にいただきました。
ふだんは熱いドリンクをまったく飲まない私の夫だけど、
この日は珍しく、熱々の中国茶を喜んで飲んでました。(お砂糖いれて!)

ガラスのポットにお湯をそそぐと、花がふわ~っと開いて、
「ホワイトティー」に似た上品な香りが。


カメラを取り出したときには陽射しが弱くなってましたが、
ガラス張りの大きなコンサーバトリーは明るくてあったかく、
外の庭木にとまっている鳥や庭の緑が手に取るように見えて、気分が癒されました。

「こんな空間がうちにもあればいいのにね~」と、夫と話をしましたが、
宝くじにでもあたらないと、街の中心部で家を買うのは無理!

都会っ子の夫は、郊外に住むのはお好みじゃないから、物件が安いところへ
引っ越してカントリー・ライフというのも無理そう。。

せっかく英国に住んでるというのにね(笑)





   応援クリック、励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ   ありがとう!




スポンサーサイト
2010-03-08 (Mon)  |  英国  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。