スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--)  |  スポンサー広告

恩師と夕飯

「そのうち、一緒に晩ご飯を食べましょうね。」

この6月、3年ぶりにお会いした大学の恩師(K先生)から、うれしいお誘いを受けた。

卒業してからも、留学で海外に出てからも、
人生の荒波にもまれてフラフラしていた時も、
いつも変わらぬ穏やかさで、「そこ」にいてくださったK先生。


flower1


それから1週間ほどたった日、K先生からメールが届き、
「久々の日本だから、和食がいいと思っているんだけど」とお声がかかった。


落ち合ったのは母校の正門前。
地下鉄を降りて地上に上がると、なつかしい通学路が目の前に。

道沿いには新しい建物や店も増えたけど、
あの頃行きつけだった店のいくつかは、同じ場所で営業していて
学生時代のあれこれをなつかしく思い出させてくれた。


flower2



K先生との待ち合わせの時間までまだ半時間ほどあったので
なつかしのキャンパスをちょっと歩いてみることにした。

K先生をはじめ、恩師の半分以上はすでに退官されてるから、
ばったりどなたかにお会いできるチャンスは低いだろうな~と思っていたのに、
この日は運がついていた!

夕方6時すぎと遅い時間だったにもかかわらず、A先生とばったり。
A先生はイギリス文学がご専門で、在学当時、私は18~19世紀の
英文学作品ついて学ぶA先生のコースを受講したことがある。

社会人を経験した学生が多いコースで、自分で学費を払ってる学生は
熱心で教えがいがあるとA先生は言われていたが、
イギリス文学がどれだけ面白いか、自分が研究していることを授業で
とりあげて学生とシェアできることがうれしくてたまらないという、
A先生の話しっぶりが印象的なクラスだった!


flower4



10数年ぶりにお会いしたA先生は、10数年分ほどお年を召しておられ、
私も同じ年数を重ねていることにあらためて気がついた。
そんな時の経過もなんのその、恩師というのはありがたいもので、
会えばまた時があの日に戻っていくような親しさで話しかけてくださり、
それがとてもうれしい初夏の夕だった。

研究室で座ってゆっくりとすすめてくださるA先生に、
「これから待ち合わせがあるので、アポをとってからまた伺います」
と約束して別れた。



flower3


K先生との待ち合わせの時刻がせまっていたので、早足で大学の正門へ向かった。

すると、小柄なK先生が先に着いて私を待っててくださった。
約束の時刻前とはいえ、恩師を待たせるとは、何たるていたらく!

私の両手をとって、「よくきてくださったわね~」と、心の底から
再会を喜んでくださる先生の笑顔に心があたたかくなってきた。


K先生が予約してくださっていた和食のお店は大学のすぐそばにあり、
趣のある日本庭園に面した席に案内された。


dish1


せっかくだから、違うコース料理を注文して、いろんな料理をシェアしましょう、
という話になり、私は魚介類の多いコースを注文。
小食のK先生は量は少なめだけど、珍味がたくさんのコースを選ばれた。

次々と運ばれてくる美しいお料理の数々にため息をついては喜びはしゃぐ私に、
「ほら、これも一口召し上がって」、
「これも珍しいでしょう?」と
ご自分のお皿の料理をすすめてくださった。


dish2


K先生は、1960年代にアメリカへ大学院留学されたことがある。
日本円が弱い時代だったから、K先生もベビーシッターやいろんなバイトをして
生活費を稼がれたそうだ。

そんなご自身の経験があったからだろう、私の英国留学が決まったとき、
アメリカでの失敗談や異文化の中での生活に伴う苦労話をいろいろ
いつもの穏やかで明るい口調で聞かせてくださった。

恩師の失敗談を聞いてゲラゲラと笑い出すなんて、失礼この上ない話だけれど、
K先生はまるで女学生どうしがしゃべっているかのような親しさで話を続けられたっけ。


dish2



この留学をきっかけに、私はしばらく海外で生活することになった。
そして、夏に日本へ戻ってきたのは10数年ぶりになる。
だから、K先生と夏にお会いできたのも10数年ぶり。

K先生にとって、夏といえば「枝豆」らしく、
ゆでるのがお得意だという話を初めて耳にした。
ゆで加減のこだわりの話や、K先生が子どもの頃に好きだった食べ物の話など、
いろんな話題でこの日も時間が飛ぶようにすぎていった。


私たちのテーブルに運ばれてきたデザートの美しさにまたため息をついてると、
K先生が 「ほら、これもどうぞ!」と、ご自分のデザートをすすめてくださった。


dish5


遠慮もせずに、「では喜んで」と分けていただいたら、
抹茶と小豆の香りが口の中に広がって、とってもおいしかった。
あー、日本っていいなぁ~。つくづくそう思った。


この日、結局、先生のお料理の3分の1ちかくをいただいてしまったような気がするけれど、
食べっぷりのいい私をK先生は穏やかに微笑んで見ていらした。


今度、K先生にお会いできるのは、たぶん夏の終わりごろになると思う。
うちに遊びに来ていただいて、旦那の手料理を一緒に楽しんでいただけたらと
その日が来るのを楽しみにしている。




にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  応援クリックおねがいします!






ミニトマトとピーマンの収穫数をあてるクイズに当選したお二人に、今日
郵便局から賞品を発送しました。無事に届きますよう!

スポンサーサイト
2009-07-21 (Tue)  |  Japan  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。