アボカドを買ったら

こんなスティッカーがおまけについてきました。


avocado



「オイ エスタス ムイ グワッパ!」

人によって日本語への訳もかわってくると思うけど、

   ・標準語なら、「今日、君はとても魅力的だ!」
   ・関西の兄ちゃん風に訳すなら、「(ねえちゃん) 今日、いけてるやんけ!」
   ・もとの語順を無視して訳すと、「むっちゃ、いけてるなぁ、今日!」

なんて感じかな。


アボカドにこんな声をかけられても仕方ないけど、ラテン系の男性は女性を見ると
とりあえず「褒め言葉」をかけておこうって気になる人が多いような・・


avocado2



これは、スペイン語でピロポ(piropo)と呼ばれるもので、辞書の日本語訳をみると、
女性に対する「褒め言葉」「お世辞」「冷やかし」とあります。男性が街角でいい女
を見て褒め言葉をかけるのもピロポだし、好きな女性に「mi princesa(僕のお姫様)
とか、「mi cielo(僕の大空)」、「mi corazón(僕のハートちゃん)」と声をかけ
るのもピロポの一種。

ピロポの語源をたどっていくと、

   ギリシャ語の 'pur'(火)+ 'oops'(目)= pyropos(炎に似た)

となって、「輝くもののシンボル」の意。それが、のちに美女へのお世辞のたとえと
なったそうです。ピロポは、女性の存在そのものに対する詩的な賛美も含んでいて、
気合いの入ったものになるとこんなものも。

  「できることなら君の涙になりたい。
   君の目の中で生まれ、君の頬をつたい、君の唇の中で消えてしまいたい。」

このピロポ、'ojos' (目)と 'labios'(唇)という語が韻を踏んでてちょっとしゃれて
ます。こういう韻まで踏んだピロポはラテン系の女性の受けがいいとか。
日本で生まれ育った人の場合、こんなピロポをまじで言われたら返す言葉がなくなっ
てしまいそうだけど (^^;)


avocado1


賛辞(やお世辞)のピロポを山ほどかけられて育つラテン女性は、自分は美しいという
意識をもって大きくなっていくので、(たとえそれがかん違いだったとしても!)自分
の美しさに自信があって、女っぷりを磨くことに情熱を人一倍持っているように感じます。

えっ、うちの旦那のピロポはどうかって?!

マドリードで育ったラテン系ですけど、大学からアメリカへ、就職してからヨーロッパ
なので、ピロポ文化は身につけずに大きくなったみたい。たま~にピロポることもあり
ますが、そんな時はやっぱりお尻がこそばくなります。

2009-03-16 (Mon)  |  my dishes  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)
 | HOME |