スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--)  |  スポンサー広告

和菓子が食べたくなって

三笠(どら焼き)を作りました。千鳥(ちどり)の焼き印がかわいいでしょ?!


mikasa_on_plate



この焼き印は、昨年、一時帰国した時に友だちとかっぱ橋に出かけて買ったものです。
ひとつひとつ手作りだから千鳥の表情が微妙に違ったり、足のなびき具合も違って、
店頭で20分くらい「こっちより、そっちの方がかわいい」... うんぬんと、選ぶのに
一苦労。

すごく欲しくて買ったというのに、眺めるだけで幸せという日々が続いて、ようやく
使ったのは今回が初めてでした。焼き印をきれいに押すのは難しいって聞いて、ちょ
っとビビってましたが、すっごく簡単に押せました♪

焼き上がった生地に焼き印を次々と押してくうちに面白くなってきて、あっちこっちに
ジュッとやりたくなるのをぐっとこらえるのが大変だったけど (^^;)


mikasa_y_an



スポンサーサイト
2009-02-27 (Fri)  |  my sweets  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

引越の手をとめて

イチゴを食べながら一休み。


ichigo_green



大粒の真っ赤なイチゴの中に、ひとつだけ入っていた小さい薄緑のイチゴ。

一目見た時、まだ熟していないのに摘み取られてしまってかわいそうなことを
したと思いましたが、小ぶりのそのイチゴを手のひらにとって光にかざしてみ
ると、色が輝きを増してとてもきれいでした。

キッチンに置いているエスプレッソメーカーの黒い天板にちょこんとのせてみ
たところ、やさしい色がいっそう映えて。

美しいその色を写真に残しておきたくてカメラを向けると、かわいい姿がつる
つるの天板に映っていることにも気がつきました。なんて愛らしいんだろう・・
思わず何枚も写真をとりました。

うちに来てくれてありがとう。 そう声をかけながら。

2009-02-25 (Wed)  |  日本へ引越  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

お気に入りのスパイスを

フライパンでから煎りしている写真を見つけました。


spices



2006年のことです。フライパンの中には ...

・コリアンダー(香菜)シード
・クミンシード
・マスタードシード
・カルダモンポッド
・etc.

入ってるものから考えると、作っていたのはインド料理用の自家製スパイスミックスのようです。



mortar



スパイス作りの一番の楽しみは、トーストしたものをすり鉢に入れてすりこぎでクラッシュした瞬間にパッと広がるそれぞれのスパイスの個性的な香り。

中でも特に好きなのは、コリアンダーシードが放つオレンジのような香り。フレッシュ・コリアンダーの葉の独特の味が苦手だった頃から、その種の香りは大好きでした。



スパイスをクラッシュしてグラインドする作業に愛用しているのは、夫が「花婿道具」に持ってきた白い大理石のすり鉢(mortar)とすりこぎ(pestle)。

私たちのお気に入りの台所道具です。




にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ ← ポチッと応援おねがいします! 
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ ← こちらも応援していただけたらうれしいです^^


      
    よかったら、何かコメントを残していってくださいね。
    皆さんからのコメントが私の元気の素です!初めての方もどうかお気軽に。
    コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方にはそちらに伺って、
    お持ちでない方にはこちらでさせていただます。

                                    ↓
2009-02-23 (Mon)  |  my dishes  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

曇っていましたが

ガラスのペーパー・ウェイトの写真をとりました。



paperweight2



今日もピントが甘いのですが、被写体が気にいってます。

光が少ないと、コンデジで撮るのは難しいですね。デジイチなら三脚を使って絞りを開き加減にして撮ることができるから、もう少しいい写真がとれるかも .... と、妄想を抱きながら、ネコに小判の可能性大と、我が身をいさめています(笑)



paperweight2



同じ場所で同じコンデジでを使って撮影してるのに、窓の外から入ってくる光の量が刻々とかわるせいか、続けて撮った写真でもこんなに光のあたり具合が違うことに驚いています。カメラのビューアを見ている時には気がつかなかったのですが。



このペーパーウェイトは、5年ほど前の誕生日に友だちのKからもらいました。イギリス人の彼とは、足かけ7年近いつきあいになります。Kと最初に出会ったのは、日本語のクラスでした。当時、Kは大学院で理系の論文をきあげるのに忙しい毎日を送っていましたが、専門とは関係ない日本語に興味をもって、週に1回、私の受け持つクラスに来ていました。


2009-02-22 (Sun)  |  日本へ引越  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

片付けしてたら

真空パックの切りもちが2つ出てきました。

そのまま焼いて、醤油につけてから海苔を巻いて、はふはふ言いながら食べるのもいいし、この間炊いて保存しているアズキを使っておぜんざいというもいいなと思ったけど、今日は何か目新しい食べ方をしたくなりました。例のごとく、頭をひねっても横に振ってもいいアイデアが出てこない時は、料理ブログへGO!

いろいろ迷った末に、「いっちゃんの美味しい食卓」から「カリカリねぎ餅☆お焼き風」というレシピを拝借しました。



mochi_1



材料はシンプルで、作り方もとても簡単。小さく薄切りにしたお餅をボールに入れ、そこに小口切りにした万能ねぎ、白ゴマ、ごま油、顆粒スープの素、しょうゆを混ぜこんで、あとはフライパンで蒸し焼きにするだけ! 


2009-02-21 (Sat)  |  つくれぽ  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

引越を機に

ただいま我が家の「持ち物スリム化計画」を展開中。

 
keyb



特に重くてかさばるのが紙類。本はなかなか捨てられないけれど、雑誌から切り抜いた
レシピなどはスキャンしてデジタル保管することに。

身の回りのものを整理していくと、気持ちも軽くなっていくような。


2009-02-20 (Fri)  |  日本へ引越  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

アディオス、スペイン!

突然ですが、スペインから引っ越すことになりました。


al_manwithboard


何度か引越のことを書こうと思ったのですが、書いてしまうと本当に引越してしまうん
だという気がして、書く気になれませんでした。

もともとスペインには期限付きで来ていました。夫の仕事の関係で。

だから、離れる日がやがてくることは最初からわかっていたのですが、その日が実際に
やってくるまで、本当に「アディオス」(さよなら)を言うことになるような気がしま
せんでした。

2009-02-15 (Sun)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

韓国からの「まごころ便」

韓国にお住まいのChez Panipopoのパニポポちゃんから、郵便が届きました!

中には、「板ゼラチン」に添えて、あったかいメッセージが書かれたフランスの
かわいいポストカードが。


450


彼女の「イチゴムース」に魅せられて3週間ほど前にイチゴムースのケーキを作った話を覚えてくださっているでしょうか?


2009-02-14 (Sat)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

モニちゃんのガーリック・スープ

風邪ひいてダウン気味です。

フラメンコのレッスンを休んでしまったし、夕べは寝つけないまま明け方を迎え、
今朝はふ~ら、ふら。でも、食欲はなぜかおとろえてない。これは喜ぶべきこと!?

    実はこの話、昨日書いたのですが、アップし忘れていたことに気がつきました。
    時計を見ると、日本じゃ夜の11時だけど、今アップすることにしました。
    「しっかり休むように」「返事&訪問不要」とお見舞いのコメやメールを
    くれたみんな、どうもありがとう。
     
     じゃ、話の続きをどうぞ・・



moni_garlicsoup1


鬼のかく乱で、外に買い物に行く元気がないので (^^;)、かわりに台所劇場のモニちゃん
とこに行っておいしいもの探しを。そしたら、劇場のレストラン・メニューに私好みの
スープがのってました!


その名も、ガーリック・ミルファンティ。なんだかおしゃれなネーミング♪


モニちゃんのレシピどおりに作ったら、15分もしないうちに熱々でフワフワのスープが完成!
2009-02-12 (Thu)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

まあるいコロッケ

cro1


いつものコロッケをまんまるい形にしてみたら、こんなにかわいくなりました。
なぜか、いつも小判型のしか作ったことがなかったのですが、急に丸めてみたくなって!


うちは夫婦二人なもので、晩ご飯の時間はいつも9時すぎ。スペインにいてもいなくても
完全にスパニッシュ・タイムで生活しています 。(^^;)
2009-02-11 (Wed)  |  my dishes  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

ローステッド・ベジタブルズ


冬は根菜のおいしい季節!

寒い夜は特に、オーブンでローストした熱々のベジタブルが食べたくなります^^


roastedveg1


野菜を洗って大きめにカットして天板に並べ、オリーブオイルをはけで塗るだけで
準備完了!あとの仕事はほとんど全部オーブンがやってくれます。

15-20分ほどローストしてからいったんオーブンからとりだして野菜をひっくり返し、
上面にオリーブオイルを塗ってまたオーブンへ。さらに15-20分ローストします。


roastedveg2


今晩ローストした野菜は、上の写真↑で左上から時計回りで名前をあげると、

   ・パースニップ(白っぽい半切りの根菜)
   ・バターナッツ・スカッシュ(オレンジ色、カボチャと似た感じ)
   ・レッド・オニオン
   ・スイート・ポテト(日本のサツマイモより水分が多目)
   ・クルジェ(細長くてキュウリみたいに見えますね)
   ・ビート・ルート
   

roastedveg3


カットする前に、準備した野菜の写真もとりました。
見るからにおいしそうでしょ?!


コチラで、写真の野菜のいくつかを紹介した過去記事をみることができます。よかったらどうぞ。

熱々のローステッド・ベジタブルズには、たいていペスト・ジェノベーゼを添えて
いただきますが、残ったベジを冷蔵庫に一晩いれて冷たいままいただくときは何も
つけずにそのまま食べることが多いです。一晩たつと、それぞれの野菜のお味が濃
くなっていて、そのまま食べるほうがおいしいから!

ローストしたベジには、白ワインがピッタリ♪
夫が焼いてくれたパンと一緒に食べるとこれがまたおいしかったです^^



~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*

お帰りの前に、よかったら応援クリックをお願いします!
  ランキングがアップすると、やっぱりうれしくて♪

  
  
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ ← おいしそうって思っていただけたら、ポチッとおねがいします! 


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ ← こちらも応援していただけたらうれしいです^^

      
      よかったら、何かコメントも残していってくださいね。
      皆さんからのコメントが私の元気の素です!
      初めての方もどうかお気軽に。
      コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方にはそちらに伺って、
      お持ちでない方にはこちらでさせていただます。 
                                ↓
2009-02-09 (Mon)  |  my dishes  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

フラメンコ -- おなじ阿呆なら踊らにゃ損ソン♪

これ、私の思い出の品々です。

guinessrecord2


ギネスの世界記録に挑戦するセビジャーナスに参加することになったのは、当時、
フラメンコを教えてもらっていた先生にさそわれたのがきっかけ。先生はセビリア
出身で、この一大イベントの舞台にスペイン観光局から招聘されてました。

先生の応援もかねて出かけたロンドンでしたが、挑戦日の前日から雨が激しく降り、
当日も早朝からジャンジャン降りのお天気でした。

このままだと中止になるんじゃないかと本当に心配になって、何ヶ月も前からこの日の
ために準備をしてきた人たちが、どんな思いでこの雨を見つめているんだろうと思いま
した。


guinnessrecord


前々日からロンドンの友だちのところに泊めてもらっていた私は、お天気がよければ
友だち家族と一緒にリージェント・ストリートへ出かける予定でしたが、友だち夫婦の
赤ちゃんのお出かけにはとても向いた天気じゃなかっったので、ひとりで出かけること
に決めました。

カバンに愛用のフラメンコシューズと衣装をつめこんで、出陣準備ができた私を車に
のせて、友だちが駅までわざわざ見送ってくれました。大きなハグに励まされて、
いざ出陣!

午後に予定されている本番の前には、会場のリージェント・ストリートでリハーサルが
あり、一人で参加する私は、リハーサルで誰かパートナーを見つけないといけませんで
した。少々の雨に負けてはいられません。気合いを入れてシティへ!



電車に揺られながら、こんな雨じゃ参加を断念した人も多いだろうなーと思いましたが、
電車をおりて駅からカサをさして歩きながら周りをみると、フラメンコ衣装姿の人が
ちらほら。

そして、なんと、会場の受付についた頃には、ピタリと雨があがりました!

みんなの思いが天に通じた、と疑いもなく思いました。


guinness3



ギネス世界記録挑戦の参加資格は、セビジャーナスの振付を「1番から4番まで
正しく踊れる人」となっていたので、躊躇して参加を見合わせた人もいたようですが、
かなりの人数が登録したらしいという話が伝わってきました。

公正を期するために、事前にインターネットで参加登録をした人だけが参加を認められ、
当日は受付で登録チェックを受けてリストバンドを巻かれました。晴れて正式参加者と
認められてうれしいような、認定の手順を観察しながら、ふむふむ、ギネスレコードに
挑戦する参加者ってこんなふうにカウントされるのね・・と、手続きに妙に感心を持っ
たchocolata*でした!

登録所に設置された更衣室で着替えをすませ、荷物を預けて会場へ歩いていくと、
リージェントビルに面した高い建物のバルコニー数カ所に、望遠鏡を手にしたギ
ネスの審査員が何人も陣取ってました。途中で振付を忘れて踊れなくなってしま
った人はギネス記録のカウントからはずすという決まりだということを、思い出
した瞬間でした。

がんばろう~! 自分に気合いをいれました^^

リハーサルに続々と集まってくる参加者を取材しようと、大手新聞社やテレビのカメラ
クルーが走り回る中、私たち参加者は世界記録達成に向けてやる気まんまん!
まずはリハーサルを楽しんじゃいました (^^;)


guinnessband


そして、いよいよ本番。

舞台の上から「セビジャーナス」の生演奏が流れてきました。
セビジャーナスというのは「曲種」の一種で、ひとつの決まった歌や演奏があるわけ
ではなく、毎年のように新しい歌や演奏で録音されたCDが販売されます。そのため、
今回の挑戦に向けて、当日バンドが演奏するセビジャーナスを参加者が聞いて練習し
てこれるよう、実行委員会が音楽ファイルをインターネットで聞けるようにしてくれ
ていました。

三拍子のセビジャーナスのリズムにのって渋い声で歌が始め、待ってましたとばか
りに参加者全員が踊り始めました。本番で振付を忘れたらどうしようとリハーサルで
心配していた人も、踊るのが楽しくて仕方がないという表情にかわっていました^^
私のパートナーになってくださったのは年上のイギリス人の女性で、本番ではじめて
一緒に踊った方でしたが、お互いに事前に同じ音楽をきいて練習してきたので、すぐ
に息があった感じで踊れるようになりました。

   振付の1番が終わっては大拍手
   1番よりもちょっと複雑な振付の2番を踊り終えては満面の笑顔
   そして3番、4番の踊りへと会場は盛り上がっていきました♪


shoes.jpg


踊り終えた瞬間、まわりの人たちとハグ&キスの嵐となりましたが、この時点では
まだ、世界記録を達成したのかどうか、誰にもわかりませんでした。昨日からの
雨のせいで、登録した人のうち実際に参加した人数が何人かも気がかりでした。

しばらく、フラメンコ音楽の生演奏を聴きながらギネス認定委員会の発表を待つこと
約20分。待っているあいだに、新記録を達成したいというニュースを聞きたいという
思いが強くなりましたが、この日、ここで、こうして踊りを楽しめたという感激が
とても強かったことを覚えています。


そして、いよいよ舞台の上からあったアナウンスでは、参加者は456人という発表でした。
思ったよりも少ない人数でしたが、悪天の中、これだけ多くの人が各地からリージェント・
ストリートにかけつけたことに感動しました。そして全員が曲を最後まで踊りとおして
世界記録樹立が認定されたという公式発表に、またまたキスとハグの嵐!!

歩行者天国になったリージェント・ストリートに遊びにきていた観光客や買い物客が
足をとめて、ギネスに挑戦している踊り手に盛大な拍手やあたたかい声援を送って
くれたことも、とってもうれしかったです。



guiness_peineta



この日、フラメンコは世界の人びとの心を結ぶものだと、あらためて感じました。

"I was there ... "

表彰式のあとにもらった記念Tシャツの赤い文字が、なぜか目にとてもまぶしかったです。
思いきって参加してよかった・・心からそう思いました。


ギネスブックの世界記録更新のニュースはすぐにネットでも配信され、友だちの家に
戻るとお祝いのディナーが待ってました。参加記念のTシャツとコルドベスと呼ばれ
る帽子を友だちに見てもらっては、やたら笑顔の私。

夕食のあと、一緒にネットにアップされていたビデオクリップをいくつかみました。
ちょっともう古くなってしまった話題ですが、たくさんの参加者がリージェント・
ストリートで一斉にセビジャーナスを踊ってる様子はこちら↓からどうぞ。

   ロンドンでセビジャーナスのギネス記録更新! 



おとといの記事に、たくさんいただいたコメントにこたえて、私の踊ってる写真とか
のせないといけないかな~と思いましたが、せっかくの週末、悪いものを見て病院に
かけつけることになる方が出ては大変ですので、泣く泣くそれはあきらめることに
しました。

まだ、常識も羞恥心も残ってる自分にちょっと安心しながら。 (^^;)

それでは、みなさんもどうぞいい週末を!!


~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*

↓ 2つのブログランキングに参加しているので、よかったら下のバナーを1つずつ
  クリックして応援してください! クリックしてもらうとブログの順位が
  アップして、次の話を書く励みになります^^

   ↓       ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

P.S.

誤解があるといけないので言っておきますが、私のフラメンコはまだまだ初心者の
レベル! 練習中に思いっきりフラメンコして気分がもりあがり、ポーズが決まっ
たとうれしくなる瞬間があるのですが(「錯覚」ともいう!)、教室の壁一面に
はられた巨大な鏡に映ってる自分の姿をのぞきこむと、みごと、盆踊りのポーズを
決めてる自分がいたり (^^;)

いやはや、ほんとにガッカリするばかりですが、それでもやっぱりフラメンコは
楽しくてやめられません! 

michoumama、franさん、かおりさん、chocolata*の踊りを「見てみたい」なんて
コメしちゃって、前言を撤回できず困っていたのでは?? 怖いものを見なくてすんで
良かったでしょ?!

なーさん、いつかどこかで待ち合わせをできる日が来たら、その時は手に「アバニコ」を
持って、ついでに「ペイネタ」を髪にさして、お互いに目印にしあうことにしましょう!
私のペイネタは情熱の赤ですヨ♪ 何だか周りから浮きそうだけど、これなら人間違いを
する心配なし!?

しょこらさんのノリ、大好きです!フラメンコの何か面白そうな集まりをまた見つけたら、
必ず連絡しますね。一緒にハッピィな「踊る阿呆」になりましょう!!


      
      よかったら、何かコメントを残していってくださいね。
      皆さんからのコメントが私の元気の素です!
      初めての方もどうかお気軽に。
      コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方にはそちらに伺って、
      お持ちでない方にはこちらでさせていただます。 
                                ↓
2009-02-07 (Sat)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

panipopoさんの「クランベリー・パン・オ・ロランジュ」♪

菓子パンが焼き上がって、私はいま、幸せです。とっても、とっても。


panipan3



レシピはお菓子の夢前案内人、panipopoさんの菓子パン
「クランベリー・パン・オ・ロランジュ」

を使わせていただきました!

panipopoさんのファンは日本だけじゃなく、世界のあちこちに住んでいて、私は
海外組の一人。お菓子作りが好きで好きでたまらないという雰囲気が伝わってくる
ブログでは、毎日のように素敵なスイーツのレシピがアップされ続けています。
(・・なんて書かなくても、すでに日参されてる方が多いですよね^^)


家庭で作れるようにとレシピを工夫してくださったり、だれもが作れるようにと
惜しげもなくレシピをシェアしてくださっている パニポポさんのブログ
そのために使ってくださっている時間や労力、そして私のようにレシピの質問を
してくる人に、ていねいなお返事を書いてくださる優しくてあたたかいお人柄に
ふれるたび、いつも頭が下がる思いです^^


     


今日のパン作りは、まず生地の準備からスタートしました。ちょっと手を抜いてホーム
ベーカリーで生地を作ってしまいましたが、あとの手順はすべてきちんとレシピどおりに
やりました。(強調!)



panipan1


ベーカリーが生地をこねてくれている間に、カスタードクリーム(クレーム・パティシ
ェール)を作り、その品のいい甘さにうっとり。軽いパン生地との相性もよく、
panipopoさんが書いておられたとおり、中に入れたクランベリーとオレンジピールとの
相性も抜群でした。

カスタードクリームはおいしいだけじゃなくて、作る工程そのものがとても楽しかった
です。混ぜ合わせたり火をいれたりするたびに、材料のテクスチャや色合いがかわって
いって、panipopoさんの指示どおり、

  「パフっと泡が出て来て(沸騰して)から、1分ぐらいよく混ぜて火を通して」

という作業まで進むと、きれいにカスタードが固まり始めました。バニラの香りに包ま
れながら、そうした変化を見ては満面の笑みに。
たっぷり入ったバニラビーンズのつぶつぶ、見えるかな~?



できあがったカスタードクリームを塗って巻き上げた白い生地は、ドライクランベリーと
オレンジピール が顔をのぞかせて、こ~んなに↓かわいかったです。


paniiipan2



工程の中で、私にとって一番難しかったのは、巻き上がったものをカットするところ
でした。できあがったパンの白い生地を長方形に広げてカスタードクリームを塗り、
クランベリーとオレンジピールを散らすというのは簡単でしたが、生地が赤ちゃんの
おしりみたいにフワフワで柔らかく、形を崩してしまわないかとドキドキしました。

そっと左手でロールを上から押さえて固定して、右手に持った包丁で巻き寿司を切る
ような感じでカットしたところ、ロールの形がちょっと扁平になってギャッ!
手で形を整えようとしたら、柔らかくてよけいに形を崩しそうになったので、ケーキ
サーバーを使って扁平な形が円形に戻るようにすくいました。そして天板の上にそっと
のせたら、もとの丸太の切り口ような形に戻ってくれて、ほっ!


panipan6


panipopoさんにはまだお会いしたことがありませんが、「panipopoさん色」だな~と
勝手にイメージしたカラーのティー・タオルの上に、できあがったクランベリー・パン・
オ・ロランジュをのせてみました。

彼女の優しくて面白いブログでの語り口や、コメントのやりとりを通してもった印象が、
なーんとなく写真の中に表現できたような気がしてうれしくなってきました。
(思いこみの強いファンで、ごめんなさいね~)

ありがとう、パニポポさん!



~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*

↓ 2つのブログランキングに参加しているので、よかったら下のバナーを1つずつ
  クリックして応援してください! クリックしてもらうとブログの順位が
  アップして、次の話を書く励みになります^^

   ↓       ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


P.S.

このパンの写真&レシピをpanipopoさんのところで見て以来、「あー作ってみたい、
でも、作れるかな?」と自問自答すること3日間。思い切って作ってみて本当によか
ったです! 焼き上がりをパクパクと3つもいただいて、幸せ気分にひたっている
ところに夫が出張から戻ってきて、玄関のドアをあけるなり焼きたてパンのおいし
そうなにおいに反応してました (^^;)。荷物を置いて手を洗った彼はキッチンになだ
れこんできて、'Wow!' と言うがはやいか、きれいな焼き色に仕上がったパンに手を
伸ばしていました♪

      
      よかったら、何かコメントを残していってくださいね。
      皆さんからのコメントが私の元気の素です!
      初めての方もどうかお気軽に。
      コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方にはそちらに伺って、
      お持ちでない方にはこちらでさせていただます。 
                                ↓
2009-02-06 (Fri)  |  my sweets  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

セビジャーナスでギネスに挑戦! 

去年の5月、

ビジャ-ナスを一斉に踊る人数でギネス世界記録に挑戦

という見出しが、世界のメディアを(ちょっとだけ!)にぎわしました。


えっ、そんなギネス記録があるの、と驚かれた方もあると思いますが、実は、ワタシ、
その会場で歴史的瞬間を目撃してしまった一人です!


guinessladies



前回の記事に書きましたが、「セビジャ-ナス」(Sevillanas) というのは、スペインの
南部、アンダルシアにあるセビリア地方の春祭りで踊られる曲で、フラメンコの中で
最もポピュラーな踊りのひとつです。

日本でもフラメンコの踊りを習いに行くと、最初に教えてもらう振付が「セビジャー
ナス」というケースも多く、とても人気のある踊りです。パートナーと踊るこの曲は、
アップテンポで、春祭りの雰囲気たっぷり、ステップを踏むのがとても楽しいダンス
です。


guinness


セビジャ-ナスのギネス世界記録に挑戦する舞台となったのは、リージェント・スト
リート。 そう、ロンドンのあの有名な通りです。挑戦の日が近づくにつれて、世界
記録がフラメンコの本場スペインではなく、ロンドンで樹立されるかもしれないという
話が両国のメディアでとりあげられていました。

スペイン観光局が主催したこの企画には、事前にネットで参加登録をした老若男女が
各地からロンドンに駆けつけ、当日は厳正なる審査員立会いの下、生演奏にのって
一斉にセビジャ-ナスを踊るという段取りでした。

ロンドンの中心街に集まったのは、ブリティッシュをはじめ、スペイン人、インド人、
アメリカ人、日本人など、国際色豊か。フラメンコが世界的で愛さている踊りだと
あらためて感じさせられるイベントでした。


sevillanas


色鮮やかなセビジャーナスの衣装に身を包んだ参加者たち。プロではないかと思うほど
華麗に踊る人もいれば、この日のためにセビジャーナスを習って晴れの舞台にのぞんだ
人も。小さな子どもたちも、大人顔負けの堂々としたステップを披露しにきていました。
圧倒的に女性の数が多かったですが、男性の参加者もかなりいました。

ギネス・レコード挑戦の参加資格は、セビジャーナスの振付を「1番から4番まで
正しく踊れる人」となっていたため、参加をみあわせた人もいると聞きました。
また、参加して途中で踊れなくなってしまった人はギネス記録にカウントされないと
いう決まりもあって、参加者はみんな世界記録達成に向けてすごい意気込みでした 。


guinness2


私は上の写真の右に写ってる女性のドレスが気に入って、リハーサルの時に何枚か
写真をとらせてもらいました。スタイル抜群で、マーメイド・シェイプのカラフルな
ドレスがお似合いの彼女は、セビジャーナスを子どものころから踊っているという
生粋のスペイン人。彼女の踊るセビジャーナスは、群を抜いて素晴らしかったです!


    ***~ ***~ ***~ ***


ここでちょっと小声になりますが・・・
実はこの日、記録挑戦に私も参加させてもらいました♪ 
(あわわ・・・!)

「踊る阿呆に、見る阿呆、おなじ阿呆なら踊らにゃ損ソン♪」 (^^;) 


よかったら、また遊びにきてくださいね^^


~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*

↓ 2つのブログランキングに参加しているので、よかったら下のバナーを1つずつ
  クリックして応援してください! クリックしてもらうとブログの順位が
  アップして、次の話を書く励みになります^^

   ↓       ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

      
      よかったら、何かコメントを残していってくださいね。
      皆さんからのコメントが私の元気の素です!
      初めての方もどうかお気軽に。
      コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方にはそちらに伺って、
      お持ちでない方にはこちらでさせていただます。 
                                ↓
2009-02-05 (Thu)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

セビリアの春祭り

昨日、アップした「セビリアの春祭り」のビデオをみてコメント残してくださった
franさん & tutoさんかおりさん、ありがとうございました!
スペインの女性って、ほんと、美人さんが多いですよね~

コメントを読んで何だかうれしくなったので、もう少しこのお祭りの話を書くことに
決めました^^


guinness5


4月に催されるこのお祭りは、フェリア・デ・アブリルと呼ばれ、セビリアの牧畜市に
端を発するそうです。

年1回ひらかれる牧畜市には各地から牛や馬を連れて牧畜関係者が集まってきて、
市が開かれている間、会場の近くにテントをはって寝泊まりしていました。家畜を
連れてセビリアの町に集まった労働者の楽しみと言えば、昼間の仕事をおえて家族で
くつろぐ時間でした。

ギターを弾く人、ギターに合わせて歌を歌う人、音楽にあわせて踊る人と、テントの
中はとてもにぎやかで、日々の重労働を忘れて春の宵を楽しんだとか。

最初はそんなふうに牧畜市が主だった集まりが、時を経るにつれて娯楽の意味あいが
強いものへとだんだん変化し、牛や馬のことは二の次になり、やがて現在のような
お祭へと発展していったそうです。

牧畜市の始まりは、百数十年も前にさかのぼるそうですが、フェリアの始まりが
牧畜市だったことを思い起こさせてくれるビデオクリップを見つけました。


   1940年ごろのセビリアの春祭り
   ・クリックすると別窓が開いてビデオを再生することができます
   ・ちょっと長いので、お急ぎの方は適当に早送りしてください^^


現在のフェリアの夜のテント村は光の海のようにイルミネーションが輝き、その昔の
フェリアとは趣が少し違ってきているようですが、テントの中ではフラメンコ音楽が
夜通し鳴り響き、集まった人たちは夜が更けるのも忘れて飲んでは食べ、歌っては踊り、
陽気に家族や友だちと夜を過ごすという点はかわっていないようです。
フェリアのセビリアの様子(写真)はコチラ↓で。

   フェリアのイルミネーション



cordoba61



そして、このお祭でセビリアっ子たちが踊るのが「セビジャーナス」という民族舞踊
です。フラメンコには珍しく、決まった振付で、それも2人一組で踊るもので、これは
フラメンコに分類すべきではないという専門家もいますが、難しい話は専門家にまかせ
ておくことにしましょう^^

セビジャーナスは、スペインはもちろん世界各国で、ほぼ同じ振付で踊られるので、
一度、基本となるステップなどを覚えて、リズムさえしっかりとらえていれば、少々
振付を覚え間違いをしていても何とかなるし、地元の人たちの楽しい踊りの輪の中に
入っていくことができちゃいます♪

「どんな踊りか、ちょっと興味が出てきたわ」と言ってくださる方のために、セビ
ジャーナスビデオクリップを見つけてきました。↓ セビリアで撮影されたものでは
ありませんが、華やかなドレスをまとい、3拍子のリズムにのって舞う美女たちの
踊りをお楽しみください。

   セビジャーナス(Sevillanas)の踊り


もうひとつ見つけたビデオは(↓)、家族らしいグループが休日に集まってセビ
ジャーナスを踊ってるもの。民族衣装を着て、家族や近所の人が集まって踊りの
輪が広がるという光景は、なんとなく日本の「盆踊り」に通じるところがあるよ
うな気がします^^

   家族で踊るセビジャーナス


スペインでも日本でも、フラメンコ教室ではセビジャーナスを教えるクラスが必ずあって、
最初に習った振付はセビジャーナスという人も多いようです。

私もセビジャーナスを踊るのが大好きです。



~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*

↓ ブログランキングに参加しているので、よかったら下のバナーを1つずつ
  クリックして応援してください! クリックしてもらうとブログの順位が
  アップして、次の話を書く励みになります^^

   ↓       ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

P.S.

フラメンコの話になると、ついつい話が長くなってしまいます^^
今日も遊びに来てくださってありがとう!

それから、「アラサー!料理研究@家」のなー研*さん、天橋立の写真をありがとうございました!
昨日の記事に、「天橋立」に行きたいっていう夫の話を書いたのですが、それを読んだ
なーさんが、「天橋立の写真ブログに載せたことがあります。よかったらURLからどう
ぞ!」って。

なーさんは書き手の思っていたことを行間からくんでくださって、かゆい所に手が
届くというか、ほんとうに親切なことを言ってくださって。。なーさんのコメントを
読んだ瞬間、chocolata*は感激してしまいました。もちろん、速攻で天橋立の写真を
拝借しになーさんのブログへ行って、昨日の記事にペタンコと貼り付けさせてもらい
ました! 

青い海に浮かぶ緑の天橋立が、すっごくきれいな写真なので、よかったら1つ前の
話を見てくださいね。↓ 

なーさん、muchas gracias!

      
      よかったら、何かコメントを残していってくださいね。
      皆さんからのコメントが私の元気の素です!
      初めての方もどうかお気軽に。
      コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方にはそちらに伺って、
      お持ちでない方にはこちらでさせていただます。 
                                ↓
2009-02-04 (Wed)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

スペインの三大祭り

タイトルに「スペインの三大祭り」って書きましたが、日本の話から始めます。
ちょっと長くなるので、お急ぎの方は、ずーっと飛ばして、チューリップのある
ところから読み始めてください^^


天橋立 by なー研*さん
        Photo by 「「アラサー!料理研究@家」のなー研*さん


夫:「こんど日本に行ったら、"あまのはしだて" を見てみたい」
私:「天橋立?!」
夫:「うん、あまのはしだて」
私:「どうして?」 
夫:「あまのはしだては、'日本三けい' でしょ。宮島に行ったことがあるから
   他の2つも見てみたい!」


どこで彼が「日本三景」なんて言葉を覚えたのか聞き忘れたけど、日本に興味のある
外国人向けの英語の旅行サイトを見ると、「日本三景」とか、「日本三大庭園」とか
いった観光地がよく紹介されてるから、それで覚えたのかも。

海外に住んでいると、日本に旅行してきたという人や、これから行きたいと思っている
人から、こんなふうに日本の名所についての話を聞いたり、どんな所かと質問されたり
することが多いです。だから、「日本三大○○」といった知識はあったにこしたことは
ないんですが、自分がたずねたことのない所の名前や場所は、ほんと、忘れがち (^^;)

    もう丸暗記ができないお年になりましたしね(トホホ・・)


kamogawa



興味半分に、「三大○○」と銘打ったものが日本にどのくらいあるんだろうと、ネットで
チェックしてみたら、出てくる、出てくる!!

ちょっとここで、10問ほどクイズ形式で抜き出してみようと思います。
何問、答えられるかな~?


Q1.「日本の三大芸能」は?... 能、歌舞伎、(   )

Q2.「戦前の三大財閥」は? ... 三井財閥、住友財閥、(   )
   大手銀行の名前を覚えてたらクリアできそう!

Q3. 「三大怪獣」は? ... ゴジラ(東宝)、ガメラ(大映・角川)、(   )
   2つしか知らないよ~。

Q4. 「徳川御三家」は?... 尾張徳川家、(   )、水戸徳川家
   祖母といつも『水戸黄門』見てたのが、こんなとこで役に立つとは!

Q5.「三霊山(三名山)」は? .... 富士山、立山、(   )
   山歩きをよくてしてたので、3つとも覚えてます(エヘン!)

Q6.「三大随筆」は? ... 枕草子、方丈記、(    )
   高校の古語の時間に習ったけど、どれもまともに読んでないなぁ (^^;)

Q7.「三大怪談」は? ... 四谷怪談、番町皿屋敷、(   )
   日本では、夏になるとテレビでやってますね。日本人のせいか、ドラキュラ
   なんかよりずっと怖い気がします

Q8.「江戸三大俳人」は? ... 松尾芭蕉、与謝蕪村、(    )
   「ゆうめいな俳句を教えて」と英語でたずねられてアワアワ。。
   パッと思い浮かんだ句は、「柿食えば、鐘が鳴る鳴る法隆寺」。
   句の説明にてこずりました (^^;)

Q9. 「三大そば」は? ... (   )、出雲そば(島根県)、わんこそば(岩手県)
   そばの名所ってたくさんあるから、これは難しい!そばの名産地に住んでる人は
   「オラが蕎麦」を三大そばにいれたくなりますよね!

Q10. 「三大祭り」は? ... 祇園祭(京都市)、天神祭(大阪市)、(       )


*************************************

おつかれさまでした~!それでは解答を。

   [注]
   解答はwikipediaからの受け売りです。一応、あるルールに従って「三大○○」
   というのをまとめたと説明がありますが、答を見ていくと「そうじゃないよ」って
   思うものがあるかもしれません。あしからず (^^;)


Q1. 文楽(人形浄瑠璃)
Q2. 白山
Q3.  三菱財閥
Q4.  ガッパ(日活)... 見たこともない!
Q5. 紀伊徳川家
Q6. 徒然草
Q7. 牡丹灯篭
Q8. 小林一茶
Q9. 戸隠そば(長野県)
Q10. 神田祭(東京都)、または、山王祭(東京都)
   [中には、青森のねぶた祭りを三大祭りにいれる意見もあるようです]


どうでした?結構、覚えてましたか??たまに、こんなクイズをやってみるのも悪く
ないでしょ?!(「いや、疲れただけ」という方、ごめんなさい!)





前置きが長~くなりましたが、今日の本題はコチラ。↓


スペインにも「三大祭り」とうのがあるんですが、どんなお祭りが三大祭りとして
知られているかご存知ですか?

私はスペインのお祭りの名前をいくつか知っていましたが、スペインに住むまで
どれが三大祭りかはっきり知りませんでした (^^;) 
その三大祭りとは、次の3つです。

   ・バレンシアの「サン・ホセの火祭り」(3月)
   ・セビリアの「春祭り」(4月)
   ・パンプローナの「サン・フェルミン祭(牛追い祭)」(7月)


残念ながら、私はまだどれも見たことがありません。

この中で私が一番見てみたいのは、セビリアの春祭り(フェリア・デ・アブリル)♪ 

        

下の写真は、ロンドンでセビリアの春祭りで踊られる民族舞踊「セビジャーナス」を
踊る催しがあったときに撮ったものです。私がどうしてこの祭りを一番見たいか、
理由はたぶんバレバレですね^^   


guinness2


アンダルシア地方のセビリアで毎年4月に行われるこの祭りは、聖週間がおわって
一段落したころに開かれます。厳かな宗教祭である聖週間とは対照的に、春祭りは
庶民の娯楽のためのお祭りです。

祭りの会場になる大通りには、何百もの大きなテントの小屋が並び、午後になると、
馬上姿も凛々しい男性たちが操る馬車に、フリルたっぷりの鮮やかな水玉模様の民
族衣装をまとった女性たちが乗って、街をパレードします。

セビリアの女性は老いも若きもこの日を指折り数えて待ちわび、お祭りへと町に
繰り出していくそうです!

そんなお祭りの様子をうつした、ちょっとおしゃれなビデオクリップを見つけました。
寒い冬がおわって、春の到来を喜ぶセビリアの町、華やかな衣装をまとったセビリア
っ子たちの陽気な笑顔が印象的です。

    セビリアの春祭り

ENJOY!


~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*

↓ 2つのブログランキングに参加しているので、よかったら下のバナーを1つずつ
  クリックして応援してください! クリックしてもらうとブログの順位が
  アップして、次の話を書く励みになります^^

   ↓       ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

P.S.

この話をアップした次の日、「天橋立の写真ブログに載せたことがあります。
よかったらURLからどうぞ!」と、「アラサー!料理研究@家」のなーさんが
コメントをくださいました。話を書いたときに天橋立の写真がなくて、なんだ
かとても残念だな~って思ったところだったので、すごいタイミングで親切な
コメをもらってウルウルするほど喜んでしまいました。

なーさん、muchas gracias!


      
      よかったら、何かコメントを残していってくださいね。
      皆さんからのコメントが私の元気の素です!
      初めての方もどうかお気軽に。
      コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方にはそちらに伺って、
      お持ちでない方にはこちらでさせていただます。 
                                ↓
2009-02-03 (Tue)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

高きびと野菜の(ノン・ミート)ボール

高きびでベジタリアン・ディッシュを作りました。食感も、見た目もミートボール
みたいですが、お肉なしの野菜たっぷりなおかずです。

からめたバーベキュー味ソースがおいしくて、つけあわせのレタスと一緒にご飯が
すすみました。


takakibi1


作り方は簡単。

まず、ボールに次の材料をいれて、手でよく混ぜ合わせ、粘りが出てきたら直径
2センチくらいのボールにまとめます。

・炊いた高きび(お茶碗2杯分くらい)
・みじん切りにした玉ねぎ(1/2個)
・みじん切りにしたしめじ(1/4パック)
・すりおろしたニンジン(1/2本)
・小麦粉(大さじ1.5)
・塩(小さじ2/3)
・薄口醤油(小さじ1)


takakibi2


ボールが出来上がったら、フライパンにサラダオイルを少量入れて弱めの中火で
炒めます。オイルを多目に入れて揚げてもいいのですが、私は少ないオイルで表
面をひととり炒めてから、フライパンにフタをして蒸し焼きにしました。

焼き上がったら、あとは好きなソースをからめて出来上がりですが、私は濃口
しょうゆとオレンジ100%ジュースを入れてとろみが出るまで煮詰めたものを
使いました。たしか、1対3の割合で。

中華風にしたいときは、このソースにショウガの絞り汁とゴマ油をたすことも
あります。いつも適当なので、分量をちゃんと覚えてなくてごめんなさい。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昔、祖母が炊いたモチ米で、似たようなものを作ってくれたのを思い出し、
冷蔵庫にあった野菜と、日本から友だちが持ってきてくれた高キビとで
作ってみたのですが、うちの夫に大受けのおかずになりました^^

高きびはカリウムと食物繊維が豊富で、ひき肉のような弾力とこくがあって
食べ応えも♪ これは、ノン・ベジタリアンにも気に入ってもらえるおかず
だと思います!

ソースも高キビボールも、かなり適当に作っても大丈夫です。甘酢あんで
からめてもおいしいと思います。高キビがもちもちしているので、丸めた
ボールが崩れてしまうこともありません。野菜のみじん切りが大きいと
丸めにくいこともありますが、そのときは高キビを多目にいれて大きい目の
ボールにしたり、山芋のすりおろしを加えてから丸めると、上手にまとまり
ますし。


もちもちした高キビボールには、シャキシャキのレタスがあいます。
食感の違いを楽しめるヘルシーおかず、よかったらお試しください!



~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*

↓ 2つのブログランキングに参加しているので、よかったら下のバナーを1つずつ
  クリックして応援してください! クリックしてもらうとブログの順位が
  アップして、次の話を書く励みになります^^

   ↓       ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

      
      よかったら、何かコメントを残していってくださいね。
      皆さんからのコメントが私の元気の素です!
      初めての方もどうかお気軽に。
      コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方にはそちらに伺って、
      お持ちでない方にはこちらでさせていただます。 
                                ↓
2009-02-01 (Sun)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。