スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--)  |  スポンサー広告

ハリーポッターの国から

バレンシアからエジンバラへは直行便がとんでいる。
スペインからわずか3時間でスコットランドの首都まで飛べるのはとっても便利。

昼間の気温が17℃のバレンシアから5℃のエジンバラへ着いて
まずは寒さと暗さに身ぶるい!

英国や北欧といった緯度が高い国では夏の日照時間が長いぶん、
冬は日照時間がとても短く、今日も午後4時にはとっぷり日が暮れてしまった。


でも、こんな光景に出会うと、寒さも忘れて見入ってしまう。


edi_wheel


これはNew Townにあるプリンセス・ストリートの夜景。

年に一度、クリスマスの時期にやってくる移動遊園地の観覧車と
何百年も威厳をたたえて建っている古い建物との対比。
地上のイルミネーションと東の空に浮かんだ月の光という
人工の美と自然の美の対比。

それらがひとつになったような美しさに惹かれて撮った一枚。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エジンバラは、ブリテンでロンドンに次いで観光客の多い街と聞く。
旧市街 (Old Town) と新市街 (New Town) の美しい町並みは
ユネスコの世界遺産に登録されているとか。

今日は午後から冬用のコートと帽子に身をかため
New Townで1時間半ほどショッピング。
Kath Kidstonデザインの小物が大好きな友だちへの誕生日祝いと
バレンシアの友だちへのお土産を買いに。

買い物帰りにNew Townを南に進んでプリンセス・ストリートへ出て
エジンバラ城が右手に見える坂道をさらに南へ登っていくと、
クリスマスの飾りつけがきれいなモミの木が出迎えてくれた。


edi_newcollege


モミの木の後ろに見える背の高い塔のある建物はエジンバラ大学のニュー・カレッジ。
「ニュー」(New)と呼ばれてるけど、建物はとっても古そう。

ハリー・ポッターの映画でホグワーツ特急が大自然の中にある高架橋を渡るシーンは
スコットランドのハイランド地方にあるグレンフィナン 高架橋で撮影されたもの。
その他にもいくつかのシーンがスコットランドで撮影されているけれど
エディンバラのシーンはひとつもなかったような・・

J.K.ローリングが『賢者の石』を書いた街としてよく知られいるエジンバラ。
ハリポタ・ファンなら、クリスマスを迎えたエジンバラの景色にも心をひかれるのでは?

そんなことを思いながら撮った二枚の写真。
楽しんでもらえたらうれしいな。



↓ 2つのブログランキングに参加しています。
  よかったら、下のバナーを1つずつクリックして応援してください!
  クリックしてもらうと1日に1回ポイントがついてこのブログの順位がアップし、
  記事を書いてゆく励みになります^^

   ↓        ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


         最後まで読んでくださってありがとう!
         初めて来てくださった方も、気軽にコメントを残してくださいね♪
         
                                ↓

スポンサーサイト
2008-12-11 (Thu)  |  英国  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。