スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--)  |  スポンサー広告

旧きもの、新しきもの

この春、初めて訪ねたバレンシア。
旧市街には古い建物がたくさん残っていて趣たっぷり。
鉄道でバレンシア駅に着いてまず目に飛びこんでくるのが円形の闘牛場。

valencia1


そして、駅から旧市街の中心(北)に向かって歩いていくと、
あちこちに手入れの行き届いたパームツリーが目につく。
数世紀を経て今もたたずむ古い建物にパームツリーという組み合わせが
北ヨーロッパの街にはない異国情緒を醸しだし、いい感じ。

valencia2


こうした建物と対照的なのが、旧市街を出て東(地中海側)へ歩いて
40分ほど行ったところに新しく造成されているビル群。
頻繁に洪水をおこした河の流れをかえる大工事をしたあと、水のなくなった河床に建設されたもの。

写真の白い建物は「芸術館 (Palau de les Arts)」、ちょっと未来的。
私にはクジラが口をあけてるように見えるんだけど^^;


valencia3


↓ 2つのブログランキングに参加しています。
  よかったら下のバナーを1つずつクリックしてください。
  クリックしてもらうと、このブログのランキングが上にあがって、
  記事を書いてゆく励みになります^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スポンサーサイト
2008-11-03 (Mon)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

ごちそうさまが聞きたくて

cheese1


ここ数年間に撮った写真を見ながら、「この人に出会えてよかった」と。
「この人」というのは、私の夫。

性格も趣味も、国籍も母語も、
子どもの頃からのなじみの料理も違う二人。

そんなふたりが一緒に暮らすんだから、
当然、異文化摩擦やら意見の違いもちょくちょく。

こっちが「お茶漬け食べたいな~」って思ってるときに、
あっちは「サンドイッチが食べたいな~」と思ってたりするし、

おなかの調子が悪いときに食べたらいいと
子どものころから信じているものもまったく違ったりする。

でも、「多様であること」をうけいれると、
暮らしが豊かさを増すような気がするのもたしか。


cheese2



二人ともおいしいものを作って食べるのが好きだから、
一緒にキッチンに立つこともしばしば。

気合いを入れて新しいレシピに挑戦することもあれば、
ワイン片手にいつもの料理を気楽に作ることも多い。
もちろん、手抜き料理ですませることも。

料理歴は私のほうが長くてレパートリーも広いけど、
パスタやリゾットは夫が作ってくれるものの方がずっとおいしい。
彼は20代後半でベジタリアンになったのを機に料理を始め、
よく作る料理はイタリアン&オーブン料理。

ある夜、お気に入りの「ほうれん草のリゾット」作ってもらい、
「おいしかった!」と言いながらテーブルを片付け始めたとき、
夫が日本語で話しかけてきた。

  「ごちそうさまが聞きたくて」

このフレーズはうちの本棚にあるレシピ本のタイトル。
何ヶ月も前に「・・が聞きたくて」ってどういう意味?と聞かれ、
文法説明をしたことがあったけど、しっかり覚えていたとは!

思わずテーブルから目をあげると、
夫の笑顔が私を待っていた。


↓ 2つのブログランキングに参加しています。
  よかったら下のバナーを1つずつクリックしてください。
  クリックしてもらうと、このブログのランキングが上にあがって、
  記事を書いてゆく励みになります^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
P.S.
うちからメトロで3駅ほどいったとこにあるチーズ屋さん。
スペインのチーズはもちろん、いろんな国のチーズがおいてあります。
見ているだけで「もう幸せ~」になってきます^^
2008-11-03 (Mon)  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。